ニュース

ドクターヘリの操縦要件見直し 機種更新、追加配備を容易に

2021/3/3 16:26

 国土交通省は4月からドクターヘリの操縦要件を見直す。新型機への更新や追加配備が相次いでおり、機種が変わっても、長時間の訓練飛行を不要とし、速やかに運用できるようにする。

 ドクターヘリは自治体が所有し、運航を民間企業に委託。けが人や急病患者を搬送するため安定した飛行が求められ、操縦士について国は「機長としての飛行経験が千時間以上」といった要件を定めている。

 ただ機種の更新を想定しておらず、型式が変わると新たに長時間の訓練が必要だった。見直し後、ドクターヘリの機長経験が一定以上あれば、別の機種も短期間で操縦できるようにする。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

政治の最新記事
一覧

  • デジタル庁、参院審議入り (4/14)

     デジタル庁創設を柱としたデジタル改革関連5法案は14日、参院本会議で審議入りした。菅義偉首相は、個人情報漏えいや目的外利用の恐れについて「行政機関などが保有する個人情報を本人が利用停止請求できるなど...

  • 放送法の今国会成立困難に (4/14)

     政府が今国会に提出したNHK受信料の引き下げにつながる放送法改正案の成立が困難な見通しとなった。フジ・メディア・ホールディングスが放送法に基づく外資規制に違反していた問題で野党が反発し、今月下旬に予...

  • 「こども庁」に義務教育移管も (4/13)

     菅義偉首相が創設に意欲を示す「こども庁」を巡り、政府内で検討されている3案が13日、関係者への取材で判明した。このうち1案は、こども庁を内閣府に設置し、現在は文部科学省が所管する小学校、中学校の義務...

  • 衆院選にらみ派閥パーティー (4/13)

     自民党麻生派は13日、政治資金パーティーを東京都内のホテルで開いた。麻生派を皮切りに、各派も5〜6月に開催を予定する。秋までに行われる次期衆院選をにらみ、資金を確保するとともに結束を確認。新型コロナ...

  • 風評被害対策の具体化急務 (4/13)

     政府が13日、東京電力福島第1原発の処理水を海洋放出する処分方針を正式決定した。今後は東電も含め風評被害対策の具体化が急務となる。検討を進める新たな関係閣僚会議は週内にも始動。放出までの約2年間で風...