ニュース

「宣言延長すべき」と日医会長 ワクチン接種への影響指摘

2021/3/3 19:04
 記者会見する日本医師会の中川俊男会長=3日午後、東京都文京区

 記者会見する日本医師会の中川俊男会長=3日午後、東京都文京区

 日本医師会(日医)の中川俊男会長は3日の記者会見で、首都圏1都3県に出されている新型コロナウイルスの緊急事態宣言について「期間を延長し、感染者の抑え込みを徹底するべきだ」と述べ、7日の期限での解除に反対の姿勢を示した。感染が再拡大すれば、医療提供体制が逼迫し、今後本格化するワクチン接種の妨げになるとけん制した。

 中川氏は宣言を解除すれば4月以降に第4波が起きかねないと指摘。延長幅に言及しなかったが「今回を最後の緊急事態宣言にしなければならない」と強調した。

 これから歓送迎会や花見のシーズンを迎えるため「基本的な対策の徹底を改めてお願いしたい」とも述べた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 「原子力事業の存続に危機感」 (4/14)

     東京電力の小早川智明社長は14日、新潟県議会に参考人として出席し、東電柏崎刈羽原発(同県)の核物質防護不備など一連の問題をめぐり「大変重く受け止めている。原子力事業を存続できるか大きな危機感を持って...

  • 首相訪米中は官房長官指揮 (4/14)

     加藤勝信官房長官は14日の記者会見で、菅義偉首相の訪米期間(15〜18日)中の新型コロナウイルス対応に関し、自身が政府対策本部長代理として指揮を執り、首相不在でも支障は生じないと説明した。「首相と逐...

  • 尾身氏「コロナは第4波」 (4/14)

     政府の新型コロナ感染症対策分科会の尾身茂会長は14日の衆院内閣委員会に出席し、現在の新型コロナの感染状況に関し「いわゆる『第4波』と言って差し支えない」と述べた。「まん延防止等重点措置」の追加適用の...

  • 脱炭素、農村など100地域先行 (4/14)

     2050年までの温室効果ガス排出実質ゼロに向け、政府が地方自治体と協議して策定する工程表「地域脱炭素ロードマップ」の素案が13日、判明した。農山漁村や離島などから少なくとも100カ所を「先行地域」と...

  • 高額薬キムリアの値下げを了承 (4/14)

     中央社会保険医療協議会(中医協、厚生労働相の諮問機関)は14日、白血病など血液がんを点滴で治療する高額薬「キムリア」の公定価格(薬価)の引き下げを了承した。現行より約150万円下げ、3264万円とす...