ニュース

福島事故10年でOECD報告書 原子力への信頼再建が課題

2021/3/4 10:24

 【パリ共同】経済協力開発機構(OECD)原子力機関(NEA)は3日、2011年3月の東京電力福島第1原発事故から10年を迎えるのに合わせ、日本政府や国際社会の対応と今後の課題をまとめた報告書を発表した。結論では原子力に対する「人々の信頼再建」の重要性を指摘した。

 「福島事故から10年、進展、教訓、課題」と題した報告書は、まず事故発生直後の緊急措置から現在の廃炉作業の状況を説明。汚染水を浄化した処理水への対応が大きな課題となっていることに触れ、近隣国を含め国際的な専門家を関与させれば、協議の透明性が増すと助言した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • コロナワクチン、初の共同接種へ (4/15)

     鳥取県の平井伸治知事は15日の記者会見で、新型コロナウイルスのワクチン接種を兵庫県と共同で実施することで井戸敏三知事と合意したと明らかにした。県境をまたいで接種できるよう国に要望していたが、回答がな...

  • 福島知事、海洋放出に賛否示さず (4/15)

     福島県の内堀雅雄知事は15日、政府による東京電力福島第1原発処理水の海洋放出決定について「容認するかしないか言う立場ではない」と述べ、知事として決定に賛否を示さない考えを明らかにした。内堀氏は同日午...

  • 沖縄の離島で一般向け接種 (4/15)

     沖縄県うるま市の津堅島で15日、新型コロナウイルスワクチンの一般向け接種が高齢者向けと同時に始まった。医師や高齢者ら優先接種の対象者以外の一般住民が集団で接種を受けるのは初めてとみられる。政府は、人...

  • 厚労職員さらに2人感染 (4/15)

     田村憲久厚生労働相は15日の参院厚労委員会で、さらに職員2人が新型コロナウイルスに感染したと明らかにした。3月下旬に深夜宴会を開いていた老健局に関連する感染者は、宴会出席者を含め計17人となった。 ...

  • 奈良県、コロナ病床確保を要請 (4/15)

     奈良県は15日、新型コロナウイルス感染者の病床使用率が高まっているとして、2月に改正された感染症法に基づき、民間病院を含む県内全ての75病院に病床確保を要請した。県によると、改正法に基づく要請は全国...