ニュース

三笠宮妃百合子さまが退院 心房細動で入院、症状回復

2021/3/4 11:59

 宮内庁は4日、発作性心房細動と診断を受け、東京都中央区の聖路加国際病院に1日から入院していた皇室最高齢の三笠宮妃百合子さま(97)が退院されたと発表した。

 宮内庁によると、顔色もよく、食欲もあるという。入院は1週間程度の予定だったが、入院してまもなく症状が治まり、再発の兆候もないことから4日午前に退院になった。

 百合子さまは1日午前に測った脈が通常より速かったため同日に受診。心臓に持病があることから大事を取って入院していた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 乗鞍岳で雪崩、1人死亡 (3/15)

     14日午前10時ごろ、北アルプス乗鞍岳で雪崩が発生し、複数の人が巻き込まれたと長野県松本市の地元消防に通報があった。長野県警によると、5人が巻き込まれ、滋賀県野洲市の自営業戸田尚哉さん(49)の死亡...

  • 飲食店対策、小池都知事が視察 (4/19)

     東京都の小池百合子知事は19日、飲食店の新型コロナウイルス対策を見回る都のチームに同行し、点検業務を視察した。都は都内の飲食店約12万店舗を最大240人態勢で巡回し、対策の徹底を通じて感染者の減少に...

  • 熊本でピザ店に車突っ込む (4/19)

     19日午後5時55分ごろ、熊本市中央区世安町の宅配ピザ店「ピザポケット世安店」に、同市の男性(61)が運転する乗用車が突っ込んだ。消防と熊本南署によると、男性は腰を強く打って、病院に搬送され、店内に...

  • 海自、仏空母と中東で共同訓練 (3/21)

     海上自衛隊は21日、アフリカ東部ソマリア沖アデン湾の海賊対処のため派遣していた護衛艦「ありあけ」が中東海域で、フランス海軍の原子力空母「シャルル・ド・ゴール」や米海軍の艦艇と相次いで戦術訓練をしたと...

  • 宮内庁御用掛、コロナ感染 (4/19)

     宮内庁は19日、同庁御用掛の60代の男性非常勤職員が、新型コロナウイルスに感染したと発表した。男性は秋篠宮家を支える皇嗣職を担当し、8日に秋篠宮ご夫妻らの行事に同席していたが、その後、家族から感染し...