ニュース

DeNAのデラロサが陽性 ドミニカ共和国で検査

2021/3/4 13:13

 DeNAは4日、ドミニカ共和国で自主練習を続けていた育成選手のデラロサ内野手が、2日に現地で受けた新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査で陽性判定を受けたと発表した。

 味覚、嗅覚障害の症状があったが、現在は改善しているという。合同で練習していた球団所属の他の3選手は陰性だった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 変異株、東京で増加顕著 (4/15)

     東京都は15日、新型コロナウイルスの感染状況を分析するモニタリング会議を開き、関西圏で流行する変異株について専門家が「都内で著しく増加している」との見解を示し「5月の大型連休前に感染者数が急増する可...

  • 山梨知事「国は仕事していない」 (4/15)

     山梨県の長崎幸太郎知事は15日の臨時記者会見で、新型コロナウイルスのワクチン供給に関し「他国と比べて遅く、国は仕事を十分していない。何をやっているのだろうと怒りに近い思いだ」と政府対応を批判した。 ...

  • 日航、20年度旅客数7割減 (4/15)

     日本航空は15日、2020年度の国内線と国際線を合わせた旅客数が1256万9555人だったと発表した。新型コロナウイルス感染拡大が影響し、前年度比で72・3%減った。国内線は66・4%、国際線は96...

  • 子育て給付金、6月下旬以降 (4/15)

     新型コロナウイルス禍で生活が困窮する子育て世帯への給付金のうち両親がそろう世帯への支給は、早い自治体でも6月下旬となることが15日、厚生労働省への取材で分かった。住民税非課税世帯が対象で、子ども1人...

  • 祇園祭の山鉾巡行は2年連続中止 (4/15)

     祇園祭山鉾連合会は15日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、7月に予定していた京都・祇園祭のハイライトとなる山鉾巡行を中止すると発表した。58年ぶりの巡行取りやめとなった昨年に続き2年連続。 ...