ニュース

顔との隙間なくせば1枚でも効果 不織布マスク、富岳で予測

2021/3/4 20:43
 左から、隙間がある状態の不織布マスク、鼻と頬に密着させた不織布マスク、不織布マスクとウレタンマスクの二重で、それぞれ咳をした時の飛沫の飛び方(理研・豊橋技術科学大・東大提供)

 左から、隙間がある状態の不織布マスク、鼻と頬に密着させた不織布マスク、不織布マスクとウレタンマスクの二重で、それぞれ咳をした時の飛沫の飛び方(理研・豊橋技術科学大・東大提供)

 スーパーコンピューター「富岳」で新型コロナウイルス対策を研究する理化学研究所のチームは4日、会話の際などに口から出る飛沫の飛散シミュレーションや実験に基づき、不織布マスクは鼻に当たる部分のワイヤを曲げて顔との隙間ができないように着ければ、二重マスクと同等の飛散防止効果が見込めるとの解析結果を発表した。

 また、マスクをせずに歩きながら話している人の後ろには飛沫が広い範囲で浮遊することが分かった。周囲に感染させる可能性を減らすため、外でもマスク着用を推奨。防御のためには人の斜め後ろを歩くか、止まっている際より広い3メートル以上の距離を取ることを提案した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • コウノトリ、親でなくても子育て (4/15)

     兵庫県豊岡市の県立コウノトリの郷公園は15日、雄の親が死んだ国の特別天然記念物コウノトリのひな3羽を、園で飼育しているコウノトリのペアに預けると、順調に育て始めたと発表した。園は、卵でなくひなを親で...

  • PCR検査対象施設4万5千カ所 (4/20)

     新型コロナウイルスのクラスター発生を防ぐ目的で、自治体がPCR検査などを介護職員らに集中的に実施する対象の高齢者施設が、22都道府県の計約4万5千カ所に上ることが20日、厚生労働省の集計で分かった。...

  • 東京、新たに711人が感染 (4/20)

     東京都は20日、新型コロナウイルスの感染者が新たに711人報告されたと明らかにした。直近7日間を平均した1日当たりの人数は629・3人に上昇し、前週比は127・9%。累計は13万1199人となった。...

  • 行革相、高齢者接種の混乱陳謝 (4/20)

     河野太郎行政改革担当相は20日の記者会見で、新型コロナワクチンの高齢者向け接種を巡り、自治体に予約が殺到して混乱を招いたとして「ご迷惑をお掛けし、大変申し訳ない。必要な措置を取っておくべきで、私の指...

  • 歯科医師もワクチン注射 (4/20)

     新型コロナウイルスワクチン接種を巡り、田村憲久厚生労働相は20日の閣議後記者会見で、医師や看護師に限られていたワクチンの注射を歯科医師にも認める方向で検討していると明らかにした。 田村氏は「一般の方...