ニュース

日本、一段の脱炭素電源増が必要 30年までに、IEAの報告書

2021/3/4 21:36

 国際エネルギー機関(IEA)は4日、日本のエネルギー政策に関する審査報告書を公表した。日本政府が掲げる2050年の温室効果ガス排出実質ゼロの実現に向け、30年までに脱炭素電源の比率を現行計画より一段と引き上げる必要性を指摘した。

 現行計画は30年度の発電量に占める比率について、再生可能エネルギーが22〜24%程度、原発が20〜22%程度、火力が56%程度と設定。夏ごろに政策指針「エネルギー基本計画」の改定を予定している。

 報告書は、日本が二酸化炭素(CO2)を排出する化石燃料に大きく依存していると説明。排出実質ゼロの実現には規制緩和などが必要とした。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • かんぽに最大1万人出向へ (2/25)

     日本郵政グループが、保険営業に携わる日本郵便の郵便局員らを来年春にかんぽ生命保険へ出向させることが25日分かった。対象は最大1万人規模に上る。2019年に表面化した保険不正販売の再発防止の一環で、営...

  • 為替相場  19日(日本時間21時) (4/19)

    21時現在           1ドル=             108円12銭〜          108円13銭    前日比  +0円77銭   1ユーロ=            130円14銭...

  • 万博など見据え新組織、りそな銀 (4/19)

     りそな銀行で西日本を統括する岡橋達哉副社長(57)は19日までに共同通信のインタビューに応じ、2025年大阪・関西万博など今後関西で行われる大型プロジェクトに携わる企業を支援する新組織「関西戦略室」...

  • 中国吉利とボルボが合併 (2/25)

     【北京共同】中国の自動車大手、浙江吉利控股集団は24日、傘下に持つ吉利汽車と、同じくグループのスウェーデンのボルボ・カーを合併させると発表した。車の電動化やインターネットでつながる「コネクテッドカー...

  • ルネサス、5月中に生産回復 (4/19)

     半導体大手ルネサスエレクトロニクスは19日、火災のあった那珂工場(茨城県ひたちなか市)について、5月中の生産回復を目指すと明らかにした。3月19日の火災発生から3カ月余り(100日前後)としていた、...