ニュース

産油国、減産を小幅緩和 需要不透明、価格は上昇

2021/3/5 5:15
 石油輸出国機構(OPEC)のロゴ(ロイター=共同)

 石油輸出国機構(OPEC)のロゴ(ロイター=共同)

 【ロンドン共同】石油輸出国機構(OPEC)加盟・非加盟の産油国による連合体「OPECプラス」は4日、オンライン閣僚級会合を開き、原油協調減産を4月に小幅に緩和することを決めた。3月に日量705万バレルとしていた減産目標から15万バレル縮小する。新型コロナウイルス感染が収まっておらず、需要動向が不透明なことから小幅な調整にとどめた。

 最近の価格上昇傾向から、日量50万バレル程度の生産引き上げに踏み切るとの予想が広がっていたため、決定が伝わると需給が引き締まるとの見方から、原油価格は前日比で一時5%余り上昇した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 東京株式 15日14時     (4/15)

    <225種>          29640円94銭      前日比  +19円95銭  <TOPIX>         1958.31        前日比 +06.13    

  • 為替相場  15日(日本時間14時) (4/15)

    14時現在           1ドル=             108円87銭〜          108円88銭    前日比  +0円12銭   1ユーロ=            130円33銭...

  • かんぽに最大1万人出向へ (2/25)

     日本郵政グループが、保険営業に携わる日本郵便の郵便局員らを来年春にかんぽ生命保険へ出向させることが25日分かった。対象は最大1万人規模に上る。2019年に表面化した保険不正販売の再発防止の一環で、営...

  • 中国吉利とボルボが合併 (2/25)

     【北京共同】中国の自動車大手、浙江吉利控股集団は24日、傘下に持つ吉利汽車と、同じくグループのスウェーデンのボルボ・カーを合併させると発表した。車の電動化やインターネットでつながる「コネクテッドカー...

  • 日商、最低賃金の慎重な対応要請 (4/15)

     日本商工会議所の三村明夫会頭は15日、自民党の二階俊博幹事長らと会談し、菅義偉首相が意欲を示す最低賃金引き上げに慎重な対応を求めた。「赤字企業にも強制力があるため、明確な根拠を基に納得感のある水準を...