ニュース

東北新社、放送法違反の疑い 外資規制巡り、立民が指摘

2021/3/5 13:22

 菅義偉首相の長男正剛氏が勤める放送事業会社「東北新社」を巡り、外資規制を定めた放送法違反の疑いが浮上した。立憲民主党の小西洋之氏が5日の参院予算委員会で、同社の過去の外資比率を指摘したのに対し、総務省の吉田博史情報流通行政局長は「事実であれば違反の可能性が高い」と認めた。

 放送法は衛星基幹放送事業者に対する外国資本比率を20%未満とするよう定めている。小西氏は子会社に放送事業を承継する前の東北新社に関し、2017年3月末時点で20%超だったと指摘した。違反した場合は事業認定を取り消されるが、事業はそのまま子会社に引き継がれた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

政治の最新記事
一覧

  • 建設石綿訴訟、5月に上告審判決 (4/19)

     建設現場でアスベスト(石綿)を吸い肺がんや中皮腫などの健康被害を受けた元労働者と遺族が国と建材メーカーに損害賠償を求めた4件の訴訟の上告審で、最高裁第1小法廷(深山卓也裁判長)が判決期日をいずれも5...

  • 大阪、緊急宣言要請を決定 (4/20)

     大阪府は20日、新型コロナウイルスの対策本部会議を開き、国に対する緊急事態宣言の発令要請を正式に決めた。同日中に要請する見通し。政府は近く関係閣僚会合を開き対応を協議する。西村康稔経済再生担当相は2...

  • 公選法、条文ミスを2年放置 (4/20)

     2018年の公選法改正で、参院法制局が作成した条文にミスがあり、総務省が指摘したにもかかわらず2年以上放置されていたことが20日、分かった。条文修正に不備があり、一部の罰則が存在しない状態になってい...

  • 18、19歳厳罰化、衆院を通過 (4/20)

     事件を起こした18、19歳の厳罰化を図る少年法改正案が20日、衆院本会議で可決。成人年齢が来年4月に20歳から18歳に引き下げられるのに合わせた措置。参院に送られ、23日に審議入りする見通し。 改正...

  • 厚労省職員感染は「クラスター」 (4/20)

     厚生労働省は20日、新型コロナウイルスに感染した職員が新たに10人判明したと公表した。3月末時点で当時老健局に所属していた感染者は計27人に増え、厚労省は、調査している国立感染症研究所が「クラスター...