ニュース

パソナ、入社時点から副業容認へ 柔軟な働き方で人材獲得

2021/3/5 16:14

 人材派遣大手のパソナグループが2022年度入社の新卒社員に関し、入社時点から副業への従事を容認するハイブリッドキャリア採用制度を導入することが5日、分かった。新入社員は配属部署で働きながら会社経営や音楽活動で収入を得ることができる。学生に柔軟な働き方の推進をアピールして優秀な人材の確保につなげる。

 副業には農家などの家業も含む。新制度では人事部門と新規事業部門といった社内の複数の部署に同時に所属できる仕組みも始める。22年度の募集は約100人となる。

 副業する場合、パソナで週20時間は勤務する必要がある。勤務時間に応じて給料は減額される。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場  16日(日本時間 7時) (4/16)

     7時現在           1ドル=             108円73銭〜          108円77銭    前日比  +0円08銭   1ユーロ=            130円13銭...

  • NY円、108円後半 (4/16)

     【ニューヨーク共同】15日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午後5時現在、前日比19銭円高ドル安の1ドル=108円70〜80銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・1961〜71ドル、130円05〜15...

  • シティ、個人向けで13市場撤退 (4/16)

     【ニューヨーク共同】米金融大手シティグループは15日、個人向けの銀行事業について、アジア・太平洋地域を中心に13の市場から撤退すると発表した。フレーザー最高経営責任者(CEO)は「競争に必要な規模を...

  • NY株式  15日終値     (4/16)

    <ダウ工業30種平均>      34035.99       前日比 +305.10  

  • かんぽに最大1万人出向へ (2/25)

     日本郵政グループが、保険営業に携わる日本郵便の郵便局員らを来年春にかんぽ生命保険へ出向させることが25日分かった。対象は最大1万人規模に上る。2019年に表面化した保険不正販売の再発防止の一環で、営...