ニュース

「タイムスタンプ」国が認定へ 電子書類の信頼性向上、4月に

2021/3/5 16:45

 総務省は5日、電子書類の作成時刻を示すために付ける「タイムスタンプ」について、国による公的な認定制度を4月に設けると発表した。タイムスタンプの発行は文書が事後に改ざんされていないことの証明になるが、現在は民間の団体が発行事業者を認定している。国の関与で信頼性を高め、文書の電子化を後押しする。

 タイムスタンプは、利用者の発行依頼を受けて専門の事業者が文書に付与する仕組み。現在は民間団体が認定したIT企業などがサービスを提供しているが、今後は総務省が事業者を認定する形に切り替えていく。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場  12日(日本時間22時) (4/12)

    22時現在           1ドル=             109円33銭〜          109円34銭    前日比  +0円17銭   1ユーロ=            130円26銭...

  • かんぽに最大1万人出向へ (2/25)

     日本郵政グループが、保険営業に携わる日本郵便の郵便局員らを来年春にかんぽ生命保険へ出向させることが25日分かった。対象は最大1万人規模に上る。2019年に表面化した保険不正販売の再発防止の一環で、営...

  • LINEで一時不具合 (4/12)

     無料通信アプリLINE(ライン)で12日午後、文字を利用した会話機能や音声通話機能などが使えなくなる不具合が発生した。運営会社が同日、明らかにした。会話機能と通話機能は1時間ほどで使えるようになった...

  • NY円、109円前半 (4/12)

     【ニューヨーク共同】週明け12日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午前8時半現在、前週末比34銭円高ドル安の1ドル=109円26〜36銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・1907〜17ドル、130円...

  • 半導体確保へ投資を後押し、政府 (4/12)

     政府は12日、成長戦略会議を開き、世界的な供給不足に陥った半導体の安定的な確保に向け、国内投資を支援する方策を議論した。デジタル社会を支える半導体需要への対応は国家的な課題となっている。加藤勝信官房...