ニュース

野口飛行士、4回目の船外活動 架台取り付け、機器交換

2021/3/5 21:15
 4回目の船外活動のため国際宇宙ステーションを出る野口聡一飛行士(右)ら(NASAテレビから)

 4回目の船外活動のため国際宇宙ステーションを出る野口聡一飛行士(右)ら(NASAテレビから)

 国際宇宙ステーションに長期滞在している宇宙航空研究開発機構(JAXA)の野口聡一飛行士が5日夜、日本人最多となる4回目の船外活動を行った。生命維持機能を備えた宇宙服を着込み、太陽電池の架台の取り付けや故障した機器を交換。米国の女性飛行士と2人で行う、約6時間半の過酷な作業だ。

 野口さんは2005年の初飛行で3回の船外活動を経験。今回は日本人最高齢で「55歳でもやれることを示したい」と意気込む。

 18年2月に船外活動を経験した金井宣茂飛行士によると、作業は体力的にも精神的にもハード。野口さんに「体力ではなく、技術を生かした姿を見せてくれるはず」と期待した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 習主席、気候変動サミット出席へ (4/21)

     【北京、ワシントン共同】中国外務省は21日、習近平国家主席が22日に米国主催の気候変動に関するオンライン首脳会合(気候変動サミット)に出席し、演説すると発表した。菅義偉首相やロシアのプーチン大統領は...

  • コウノトリ、親でなくても子育て (4/15)

     兵庫県豊岡市の県立コウノトリの郷公園は15日、雄の親が死んだ国の特別天然記念物コウノトリのひな3羽を、園で飼育しているコウノトリのペアに預けると、順調に育て始めたと発表した。園は、卵でなくひなを親で...

  • ワクチン追加、5千万回分で調整 (4/21)

     政府が、米ファイザー社から受ける新型コロナウイルスワクチンの追加供給量について5千万回分、2500万人分で調整していることが21日、分かった。追加供給は、菅義偉首相と同社首脳が実質合意していた。 同...

  • 緊急宣言発令「なるべく早く」 (4/21)

     政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は21日の衆院厚生労働委員会で、緊急事態宣言の3度目の発令について「変異株のこともあるので、なるべく早くやるということが求められている」と強調した...

  • J&Jの血栓症「まれ」 (4/21)

     【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)の医薬品規制当局、欧州医薬品庁(EMA、本部アムステルダム)は20日の声明で、米医薬品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の新型コロナウイルスワクチンにつ...