ニュース

小児がん、9割が就学に影響 教育の機会確保に課題

2021/3/6 6:02
 小児がん患者調査の主なポイント

 小児がん患者調査の主なポイント

 国立がん研究センターは5日、小児がんの診断時に就学していた患者の9割近くが治療のために転校や休学、退学を余儀なくされたとする調査結果を発表した。治療による就学への影響は大きく、教育機会の確保が課題として浮き彫りになった。小児がん患者を対象とした全国調査は初めて。

 調査は19〜20年に実施。14年と16年に18歳以下で小児がんと診断され、全国97病院で治療を始めた患者の家族1029人から回答を得た。受けた治療について、10点満点の評価で、平均は8・4点と比較的高かった。

 一方で、就学していた患者503人のうち、転校や休学、退学をした人は87・5%を占めた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • コウノトリ、親でなくても子育て (4/15)

     兵庫県豊岡市の県立コウノトリの郷公園は15日、雄の親が死んだ国の特別天然記念物コウノトリのひな3羽を、園で飼育しているコウノトリのペアに預けると、順調に育て始めたと発表した。園は、卵でなくひなを親で...

  • エネルギー新技術に投資を (4/23)

     【ワシントン共同】バイデン米大統領主催の気候変動に関するオンライン首脳会合(気候変動サミット)は23日、再生可能エネルギー拡大による雇用創出や技術革新などをテーマに議論した。バイデン氏は演説で、地球...

  • 名古屋の接種予約、風評で混乱 (4/23)

     名古屋市は23日記者会見し、新型コロナワクチンの高齢者集団接種の予約専用電話がパンクしたことについて「混乱が生じ、申し訳ない」と陳謝した。「区役所に行けば何とかなる」との風評が広がり、この日午前、各...

  • 病床ステージ4は10府県 (4/23)

     厚生労働省は23日、新型コロナウイルス患者向けの病床使用率(21日午前0時時点)を公表した。石川、三重、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山、徳島、沖縄の10府県が使用率50%以上となり、政府の対策...

  • 国内で新型コロナ5113人感染 (4/23)

     国内で23日、新たに5113人の新型コロナウイルス感染者が確認された。緊急事態宣言が発令される東京は759人、京都は130人、大阪は1162人、兵庫は567人。1日当たりの新規感染者が5千人を超える...