ニュース

全日空、100万人分の情報流出 不正利用の恐れはなし

2021/3/6 10:18

 全日本空輸は6日までに、「ANAマイレージクラブ」プレミアム会員のアルファベット表記の氏名や会員番号など約100万人分の情報が流出したと発表した。クレジットカード情報やパスワード、パスポート番号、住所などは含まれず、不正利用による被害の恐れはないとみている。

 全日空によると、会員情報を共有していたスイスの予約システム会社「SITA」がサイバー攻撃を受けたのが原因。2月下旬に連絡を受け、詳細を確認していた。対象会員にはメールなどで連絡するとしている。

 SITA社を巡っては日本航空も5日、「JALマイレージバンク」の情報約92万人分が流出したと発表した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 乗鞍岳で雪崩、1人死亡 (3/15)

     14日午前10時ごろ、北アルプス乗鞍岳で雪崩が発生し、複数の人が巻き込まれたと長野県松本市の地元消防に通報があった。長野県警によると、5人が巻き込まれ、滋賀県野洲市の自営業戸田尚哉さん(49)の死亡...

  • 子どもの性被害防げ、教材初作成 (4/16)

     深刻化する子どもへの性犯罪や性暴力の被害を減らそうと、内閣府と文部科学省は学校などで使える教材を初めて作成し、16日公表した。イラストを交え、幼児から大学生までの年代に応じて分かりやすい言葉で注意点...

  • 消火設備の安全対策徹底を (4/16)

     総務省消防庁は、二酸化炭素(CO2)を放出する消火設備の誤作動による事故を防止するため、設備付近で工事などを行う場合は詳しい担当者を立ち会わせ、消火剤が誤って放出されない措置を講じるよう全国の消防機...

  • 海自、仏空母と中東で共同訓練 (3/21)

     海上自衛隊は21日、アフリカ東部ソマリア沖アデン湾の海賊対処のため派遣していた護衛艦「ありあけ」が中東海域で、フランス海軍の原子力空母「シャルル・ド・ゴール」や米海軍の艦艇と相次いで戦術訓練をしたと...

  • 事務局長と共に署名偽造と元幹部 (4/16)

     愛知県知事のリコール運動を巡る署名偽造事件で、運動事務局の元幹部で15日に同県常滑市議を辞職した山田豪氏(52)が16日、共同通信の取材に、事務局長の田中孝博元県議(59)と共に偽造に関与したと証言...