ニュース

インド洋重油流出、風化させない 若者らが現地と連携、世界へ発信

2021/3/6 17:01

 インド洋の島国モーリシャス沖で昨年、日本の貨物船が座礁した重油流出事故をきっかけに、両国の若者らでつくる団体が、貴重な生態系への影響などを世界へ発信するプロジェクトを始めた。新型コロナウイルス禍でオンラインを活用して連携し、事故を風化させないことで、身近な自然保護につながることを期待する。

 両国の団体はモーリシャスの「ソラナチア」と、日本の「チェンジ・アワー・ネクスト・ディケイド(COND)」。2月にオンラインで対談イベントを開いた。ともに大学生らが中心となって生物多様性保全などの活動をしており、CONDが呼び掛けた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 首相訪米中は官房長官指揮 (4/14)

     加藤勝信官房長官は14日の記者会見で、菅義偉首相の訪米期間(15〜18日)中の新型コロナウイルス対応に関し、自身が政府対策本部長代理として指揮を執り、首相不在でも支障は生じないと説明した。「首相と逐...

  • 尾身氏「コロナは第4波」 (4/14)

     政府の新型コロナ感染症対策分科会の尾身茂会長は14日の衆院内閣委員会に出席し、現在の新型コロナの感染状況に関し「いわゆる『第4波』と言って差し支えない」と述べた。「まん延防止等重点措置」の追加適用の...

  • 脱炭素、農村など100地域先行 (4/14)

     2050年までの温室効果ガス排出実質ゼロに向け、政府が地方自治体と協議して策定する工程表「地域脱炭素ロードマップ」の素案が13日、判明した。農山漁村や離島などから少なくとも100カ所を「先行地域」と...

  • 高額薬キムリアの値下げを了承 (4/14)

     中央社会保険医療協議会(中医協、厚生労働相の諮問機関)は14日、白血病など血液がんを点滴で治療する高額薬「キムリア」の公定価格(薬価)の引き下げを了承した。現行より約150万円下げ、3264万円とす...

  • 京都でワクチン3回分廃棄 (4/14)

     新型コロナウイルスワクチンの高齢者向け接種で、京都市の特別養護老人ホームで13日までに余った3回分のワクチンを廃棄していたことが14日、市への取材で分かった。接種予定だった施設の職員2人が、勤務シフ...