ニュース

コロナ向け自己服用に米当局警鐘 抗寄生虫薬イベルメクチン

2021/3/6 17:50

 【ワシントン共同】米食品医薬品局(FDA)は5日、抗寄生虫薬「イベルメクチン」を新型コロナウイルス感染症の治療や予防のために自己判断で服用しないようウェブサイトで警鐘を鳴らした。動物用薬を服用して入院した例も報告されている。FDAは新型コロナ向けに承認しておらず、臨床試験(治験)以外で服用するのは「深刻な危害の恐れがある」とした。

 この薬は寄生虫の感染によってアフリカやアジアなどで広がる熱帯感染症の特効薬の一つ。ノーベルを受賞した大村智・北里大特別栄誉教授が開発に貢献した。細胞実験で新型コロナウイルスの増殖を抑えたとの報告があり、有望視されている。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 兵庫、過去最多541人が感染 (4/17)

     兵庫県は17日、新型コロナウイルスに感染していた2人の死亡と、541人の感染を発表した。1日当たりの感染発表数としては、16日の510人を上回り過去最多。県内の死者は624人、感染確認は2万5337...

  • 在籍出向、2倍以上の3061人 (4/17)

     業績悪化で一時的に余剰となった従業員を、人手が必要な別の会社に出向させる「在籍出向」が2020年度は3061人と、新型コロナウイルス感染拡大前の19年度から2倍以上に増えていることが17日、事業者間...

  • 東京、新たに759人が感染 (4/17)

     東京都は17日、新型コロナウイルスの感染者が新たに759人報告されたと明らかにした。今年の緊急事態宣言解除後に最多だった15日の729人を上回った。直近7日間を平均した1日当たりの感染者数は569・...

  • まん延防止で時短要請決定、愛知 (4/17)

     新型コロナウイルスのまん延防止等重点措置が追加適用された愛知県は17日、コロナ感染症対策本部員会議を開き、飲食店への時短営業要請などの対策を正式決定した。医療関係者からは「変異株患者の割合が増えてお...

  • 行革相、職場や学校での接種検討 (4/17)

     河野太郎行政改革担当相は17日の読売テレビ番組で、新型コロナウイルスワクチンの65歳未満向け一般接種について、職場や学校での実施を検討する考えを表明した。「首都圏や近畿圏は(隣県から)通勤、通学する...