ニュース

今月のW杯南米予選を延期 コロナ規制で渡航困難に

2021/3/7 9:18

 【ロンドン共同】国際サッカー連盟(FIFA)は6日、各地で新型コロナウイルス対策の規制が強化されていることに伴い、今月予定されていたW杯カタール大会の南米予選を延期すると発表した。ブラジル―アルゼンチンなど10試合が予定されていたが、欧州のクラブに所属する選手の渡航が困難となっていた。

 FIFAは代表招集により5日間以上の隔離が必要となる場合は、クラブ側の派遣義務を免除する特例措置を設けている。南米からの入国者に10日間の隔離を義務付ける英国のイングランド・プレミアリーグでは、マンチェスター・シティーやリバプールなどが派遣拒否の姿勢を示していた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

スポーツの最新記事
一覧

  • 宮沢はスプリント予選敗退 (2/25)

     【オーベルストドルフ(ドイツ)共同】ノルディックスキーの世界選手権第2日は25日、ドイツのオーベルストドルフで距離スプリント・クラシカルが行われ、男子(1・5キロ)は29歳で5大会連続代表の宮沢大志...

  • 5月17、18日に来日で調整 (4/17)

     国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長の来日が5月17、18両日で調整されていることが分かった。17日に被爆地の広島市で聖火リレー関連の式典に出席し、18日に東京で菅義偉首相らとの会談に臨む予...

  • バスケ、宇都宮が45勝目 (4/16)

     バスケットボール男子のBリーグ1部(B1)は16日、富山市総合体育館で1試合が行われ、東地区首位の宇都宮が富山を119―62で下し、45勝9敗とした。

  • 中3―7広(16日) (4/16)

     広島が連敗を3で止めた。同点の三回に鈴木誠の4号3ランで勝ち越すなど打線が13安打7得点と活発だった。救援で2回無失点の大道がプロ初勝利。中村奨が二塁打でプロ初安打を記録した。中日は今季初の4連敗と...

  • 体操、18歳北園丈琉が首位 (4/16)

     体操の東京五輪代表選考会を兼ねた個人総合の全日本選手権第2日は16日、群馬県の高崎アリーナで行われ、男子予選は昨年2位で18歳の北園丈琉が6種目合計87・332点で首位に立ち、三輪哲平が0・734点...