ニュース

二重国籍の英女性、刑期終了 イラン、出国は不透明

2021/3/7 23:23

 【テヘラン共同】イランで体制転覆を企てたとして禁錮5年の判決を受けた英国とイランの二重国籍の女性が7日、刑期を終えた。判決を受け収監された後、昨年3月から自宅軟禁となっていた。ただ今月中旬に裁判所に呼び出されており、イランを出国できるかどうかは不透明だ。両国のメディアが報じた。

 女性はナザニン・ラトクリフさんで、居場所を確認するため足首に着けられた装置が7日に外されたという。ラーブ英外相はツイッターで「できるだけ早く、英国に戻ることが認められなければならない」と述べた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

国際の最新記事
一覧

  • ニュージーランド沖でM6・9 (3/5)

     【シドニー共同】米地質調査所(USGS)によると、ニュージーランド沖で5日午前2時27分(日本時間4日午後10時27分)ごろ、マグニチュード(M)6・9の地震があった。震源はニュージーランド北島の北...

  • 韓国地裁、元慰安婦の訴え却下 (4/21)

     【ソウル共同】韓国のソウル中央地裁は21日、旧日本軍の元従軍慰安婦の女性や遺族ら計20人が日本政府に損害賠償を求めた訴訟で、訴えを却下する門前払いの判決を出した。国家は外国の裁判権に服さないとされる...

  • 新聞労連、北角さん救出へ声明 (4/21)

     フリージャーナリスト北角裕樹さんがミャンマー治安当局に逮捕、訴追されたことを受け、新聞労連は21日までに、日本政府に対し「北角さんを一刻も早く救出し、ミャンマーの市民への弾圧をやめさせるよう強く働き...

  • 黒人暴行死、元警官に有罪評決 (4/21)

     【ミネアポリス共同】米中西部ミネソタ州ミネアポリスで昨年5月に起きた黒人男性ジョージ・フロイドさん=当時(46)=暴行死事件で、ミネアポリスの州地裁の陪審は20日、白人の元警官デレク・ショービン被告...

  • 米、対ロシア追加制裁も辞さず (4/21)

     【ワシントン共同】米国務省のプライス報道官は20日の記者会見で、収監先での健康状態悪化が指摘されるロシアの反体制派ナワリヌイ氏の処遇を巡り、同氏が死亡した場合にロシアに対する追加制裁も辞さない考えを...