ニュース

2月の街角景気「大幅に改善」 10・1ポイント上昇、感染減で

2021/3/8 18:41

 内閣府が8日発表した2月の景気ウオッチャー調査は、街角の景気実感を示す現状判断指数(季節調整値)が前月比10・1ポイント上昇の41・3となった。改善は4カ月ぶり。調査時点で新型コロナウイルスの緊急事態宣言が首都圏4都県を除いて解除の見通しとなり、新規感染者もピーク時からは減少したことで指数が大幅に改善した。

 全国12地域全てで指数が上昇した。4都県で構成する「南関東」でも「週末は大変混み合っていたイメージがある」(東京都のレストラン経営者)との声があり、人出の増加に伴う足元の感染下げ止まりで、今後の消費回復が鈍化する可能性もある。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 20年度パソコン出荷27%増 (4/20)

     電子情報技術産業協会(JEITA)が20日発表した2020年度のパソコンの国内出荷台数は、前年度比27・5%増の1208万3千台だった。特にノートパソコンが好調で、07年度の統計開始以降初めて1千万...

  • SBI、若年層手数料完全ゼロ化 (4/20)

     SBI証券は20日、20〜25歳の若年層の顧客を対象に、国内現物株式の売買手数料を実質的に完全無料化すると発表した。同日付。インターネット証券大手5社で、一部の年齢の手数料を取引金額の上限を設けずに...

  • かんぽに最大1万人出向へ (2/25)

     日本郵政グループが、保険営業に携わる日本郵便の郵便局員らを来年春にかんぽ生命保険へ出向させることが25日分かった。対象は最大1万人規模に上る。2019年に表面化した保険不正販売の再発防止の一環で、営...

  • 為替相場  20日(日本時間16時) (4/20)

    16時現在           1ドル=             108円42銭〜          108円43銭    前日比  −0円21銭   1ユーロ=            130円87銭...

  • 東証急反落、584円安 (4/20)

     20日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は急反落した。終値は前日比584円99銭安の2万9100円38銭で、約1カ月ぶりの安値を付けた。新型コロナウイルス感染拡大による3度目の緊急事態宣言の発...