ニュース

2月の街角景気「大幅に改善」 10・1ポイント上昇、感染減で

2021/3/8 18:41

 内閣府が8日発表した2月の景気ウオッチャー調査は、街角の景気実感を示す現状判断指数(季節調整値)が前月比10・1ポイント上昇の41・3となった。改善は4カ月ぶり。調査時点で新型コロナウイルスの緊急事態宣言が首都圏4都県を除いて解除の見通しとなり、新規感染者もピーク時からは減少したことで指数が大幅に改善した。

 全国12地域全てで指数が上昇した。4都県で構成する「南関東」でも「週末は大変混み合っていたイメージがある」(東京都のレストラン経営者)との声があり、人出の増加に伴う足元の感染下げ止まりで、今後の消費回復が鈍化する可能性もある。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 東証、午前終値2万9649円 (4/14)

     14日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反落した。国内で新型コロナウイルスの感染が再拡大しており、経済活動への影響を警戒する売り注文が先行した。下げ幅は一時200円近くに達した。 午前終...

  • 尾身氏、コロナ感染は「第4波」 (4/14)

     政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は14日の衆院内閣委員会に出席し、現在の新型コロナの感染状況に関し「いわゆる『第4波』と言って差し支えない」と指摘した。東京など6都府県に発出して...

  • 京都でワクチン3回分廃棄 (4/14)

     新型コロナウイルスワクチンの高齢者向け接種で、京都市の特別養護老人ホームで13日までに余った3回分のワクチンを廃棄していたことが14日、市への取材で分かった。接種予定だった施設の職員2人が、勤務シフ...

  • 在宅勤務中の育児を詠む (4/14)

     「テレワーク 九九の呼吸が 漏れ聞こえ」―。オリックスは14日、働きながら子育てする人の日常をつづった「働くパパママ川柳」の入賞作品を発表した。大賞には子どもを傍らに感じながら在宅勤務する様子を表現...

  • 米、J&J製の接種一時中止 (4/14)

     【ワシントン共同】米疾病対策センター(CDC)と食品医薬品局(FDA)は13日、米医薬品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の新型コロナウイルスワクチン接種後に、血小板の減少を伴う異常な血栓...