ニュース

原発事故の被災地再生へ移住促進 政府、復興基本方針を改定

2021/3/9 10:34
 復興推進会議と原子力災害対策本部の合同会合であいさつする菅首相=9日午前、首相官邸

 復興推進会議と原子力災害対策本部の合同会合であいさつする菅首相=9日午前、首相官邸

 政府は9日の閣議で、東日本大震災復興の基本方針を改定した。2021〜25年度の「第2期復興・創生期間」に実施する施策を明記。東京電力福島第1原発事故の影響が続く福島県の再生に向け、避難指示が解除された地域への移住促進などに取り組むとした。

 基本方針では原発被災地について「事故から10年が経過し、人口減少や高齢化、産業空洞化が進行している」と指摘。地域活性化には、避難住民の帰還促進だけでなく、新たな住民の移住などを後押しする必要があるとの認識を示した。

 今後5年間の復興事業費は1兆6千億円程度を見込んでおり、11〜25年度の総額は32兆9千億円程度となる。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

政治の最新記事
一覧

  • 建設石綿訴訟、5月に上告審判決 (4/19)

     建設現場でアスベスト(石綿)を吸い肺がんや中皮腫などの健康被害を受けた元労働者と遺族が国と建材メーカーに損害賠償を求めた4件の訴訟の上告審で、最高裁第1小法廷(深山卓也裁判長)が判決期日をいずれも5...

  • 敵基地攻撃能力の保有主張 (4/22)

     自民党の安倍晋三前首相は22日夜、東京都内で開かれた夕刊フジ主催の憲法シンポジウムに出席し、相手国の弾道ミサイル発射拠点などを攻撃する「敵基地攻撃能力」を自衛隊は保有すべきだとの意向を重ねて示した。...

  • 酒類飲食店に休業要請、4都府県 (4/22)

     政府が東京、大阪、京都、兵庫の4都府県への新型コロナウイルス緊急事態宣言発令に伴って策定した具体的措置の原案が22日判明した。酒類を提供する飲食店に休業を要請し、社会生活の維持に必要なものを除いてイ...

  • こども庁、就学前政策を軸に検討 (4/22)

     菅義偉首相が創設に意欲を示す「こども庁」について、政府が就学前の子どもの政策を所管する組織を軸に検討することが22日、関係者への取材で分かった。夏に策定する経済財政運営指針「骨太方針」に創設を明記す...

  • 総会声明、会長「強い思い発出」 (4/22)

     日本学術会議の梶田隆章会長は22日、記者会見し、菅義偉首相が拒否した会員候補6人を「即時に任命するよう要求する」とした総会の声明について「強い調子でわれわれの思いを発出した」と述べた。昨年10月の問...