ニュース

柔道丸山城志郎、パリ五輪視野に 阿部一二三戦の敗因は「気持ち」

2021/3/9 18:20
 調整する柔道男子の丸山城志郎(左)=奈良県天理市の天理大

 調整する柔道男子の丸山城志郎(左)=奈良県天理市の天理大

 昨年12月に阿部一二三との東京五輪柔道男子66キロ級代表決定戦に敗れた丸山城志郎が9日、奈良県天理市の天理大での練習を報道陣にオンラインで公開し「今は僕自身の柔道の進化に重点を置いている。一つ一つの階段を上っている」と新たな決意を語った。24年パリ五輪出場を視野に入れているという。

 24分間にも及んだ歴史的な「ワンマッチ」の敗因は「技術、体力ではなく、気持ち」と明かす。攻勢に傾いた場面で阿部の治療により試合が2度中断した場面には「『今からだったのになあ』という気持ちがあった」と心の揺れを反省した。

 27歳の丸山は1月中旬に再始動した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

スポーツの最新記事
一覧

  • 広4―7ヤ(22日) (4/22)

     ヤクルトが競り勝った。4―4の八回に山崎の2点三塁打、元山のスクイズで3点を勝ち越した。4番手のマクガフが2勝目、石山がリーグトップの7セーブ目を挙げた。広島は3度追い付いたものの、塹江が誤算で勝率...

  • 宮沢はスプリント予選敗退 (2/25)

     【オーベルストドルフ(ドイツ)共同】ノルディックスキーの世界選手権第2日は25日、ドイツのオーベルストドルフで距離スプリント・クラシカルが行われ、男子(1・5キロ)は29歳で5大会連続代表の宮沢大志...

  • オ7―6西(22日) (4/22)

     オリックスがサヨナラ勝ちで今季初の3連勝。3―6の九回2死満塁からT―岡田の3点三塁打で追い付き、杉本が左前に殊勲打を放った。八回に愛斗の3点二塁打で勝ち越した西武は抑えの増田がつかまり、1分けを挟...

  • J1、名古屋がG大阪に快勝 (4/22)

     明治安田J1第11節第2日(22日・豊田スタジアム=1試合)2位の名古屋がG大阪に2―0で快勝し、勝ち点29とした。G大阪は同6。名古屋は前半、山崎が先制。後半も相馬が加点した。この一戦は3月に予定...

  • ロ1―3日(22日) (4/22)

     日本ハムが連敗を3で止めた。一回に大田の先頭打者本塁打で先制。すぐに追い付かれたが二回に石川亮の適時二塁打で1点を勝ち越した。池田が7回1失点で2勝目。ロッテは打線が振るわず連勝が6でストップした。