ニュース

サプリ「マクロ元気」など違法 コロナ予防効果、根拠なし

2021/3/9 18:51
 消費者庁が広告に根拠がないとしたサプリ「マクロ元気」(左)など

 消費者庁が広告に根拠がないとしたサプリ「マクロ元気」(左)など

 消費者庁は9日、サプリ「マクロ元気」など2種について、免疫力を高め、新型コロナ予防にも効果があるかのように宣伝したのは景品表示法違反(優良誤認)として、販売したマクロフューチャー(東京)に再発防止などを命じた。同庁は「新型コロナの予防や治療効果に根拠のある食品はない」と注意を呼び掛けている。

 対象は顆粒タイプのマクロ元気と、錠剤タイプの「マクロ元気乳酸菌1250億プラス」。自社サイトや大手通販サイトで風邪や花粉症、骨粗しょう症など幅広い症状に効果があるように表示していた。

 チラシには「『免疫』と『防疫』で感染症対策」などと記載していたが、根拠がなかった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • デンマーク、アストラ製接種中止 (4/14)

     【ロンドン共同】デンマークの保健当局は14日、英製薬大手アストラゼネカの新型コロナウイルスワクチンを接種後、血栓などの重症例が報告された問題を受け、アストラ社製の使用中止を決めたと明らかにした。英メ...

  • コロナ変異株、急速に置き換わり (4/14)

     国内で14日に確認された新型コロナウイルス感染者数が4千人を超えた。4千人を超えたのは1月28日以来。厚生労働省に対策を助言する専門家組織は、変異株が東京や愛知でも増えており、従来株から急速に置き換...

  • 核ごみ意見交換、猛反発も (4/14)

     原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場選定を巡り、第1段階の文献調査が行われている北海道寿都町で、処分事業を担う原子力発電環境整備機構(NUMO)は14日、町とともに、住民らが意見...

  • トリチウムのキャラ化に批判 (4/14)

     政府による東京電力福島第1原発処理水の海洋放出決定に合わせ、復興庁がウェブサイトで公開したチラシと動画が波紋を広げている。放射性物質トリチウムを、風評払拭を目的にかわいらしくキャラクター化したものだ...

  • 厚労省職員、新たに5人感染 (4/14)

     厚生労働省は14日、新たに職員5人が新型コロナに感染したと発表した。いずれも3月末時点で老健局に所属し、うち1人は3月下旬に同局老人保健課が深夜まで開いた宴会に出席。同局の感染者は、宴会出席者5人を...