ニュース

50年脱炭素、再エネで可能 水素の生産や輸入も利用

2021/3/9 19:12
 九電みらいエナジーなどが出資して建設された串間風力発電所=2020年11月、宮崎県串間市

 九電みらいエナジーなどが出資して建設された串間風力発電所=2020年11月、宮崎県串間市

 再生可能エネルギーの大幅導入と水素の生産や輸入を組み合わせれば、日本は2050年に温室効果ガスの排出を実質ゼロにできるとの分析結果を自然エネルギー財団が9日、発表した。

 ドイツのシンクタンクとフィンランドの大学との共同研究で、技術の導入可能性とコストなどを基に、排出ゼロを最も低コストで実現する手法を解析した。

 日本のエネルギー需要は省エネの進行や人口減少によって50年には20年比で54%減少すると予測。再生エネは価格低下が進み、50年には太陽光が総電力供給量の48%、風力発電が36%をカバーするとした。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 高額薬キムリアの値下げを了承 (4/14)

     中央社会保険医療協議会(中医協、厚生労働相の諮問機関)は14日、白血病など血液がんを点滴で治療する高額薬「キムリア」の公定価格(薬価)の引き下げを了承した。現行より約150万円下げ、3264万円とす...

  • 京都でワクチン3回分廃棄 (4/14)

     新型コロナウイルスワクチンの高齢者向け接種で、京都市の特別養護老人ホームで13日までに余った3回分のワクチンを廃棄していたことが14日、市への取材で分かった。接種予定だった施設の職員2人が、勤務シフ...

  • 公明代表、中韓批判は受容できず (4/14)

     公明党の山口那津男代表は14日の党会合で、東京電力福島第1原発の処理水の海洋放出決定に対する中国や韓国の批判に反論した。「科学的根拠に基づいたものとは言えない、感情的で他の思惑が絡まった主張は受け入...

  • コロナ、感染状況は「第4波」 (4/14)

     政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は14日の衆院内閣委員会に出席し、現在の新型コロナの感染状況に関し「いわゆる『第4波』と言って差し支えない」と指摘した。東京など6都府県に発出して...

  • 米気候特使、14日上海入り (4/14)

     【ワシントン共同】米国務省は13日、ケリー大統領特使(気候変動問題担当)が14〜17日の日程で上海とソウルを訪問すると発表した。バイデン大統領が22〜23日に主催するオンラインの気候変動に関する首脳...