ニュース

岩手日報、全国の中学に震災号外 発生から10年、1万校に発送

2021/3/10 16:41
 岩手日報社が全国の中学校に発送した特別号外

 岩手日報社が全国の中学校に発送した特別号外

 東日本大震災の教訓や復興状況を全国の中学生に知ってもらい、防災や減災に役立ててもらおうと、岩手日報社(盛岡市)は10日、震災10年となる11日付で発行する特別号外を全国にある全ての国公私立中学校約1万校に1部ずつ発送した。

 津波で被災した岩手県沿岸部の12市町村の震災直後と現在の比較写真や、この10年の歩みを掲載した別刷りも同封。同社は「校内で掲示したり、回し読みしたりしてほしい」としている。

 号外の表紙には「未来を担う皆さんへ」と記し、津波が来たらてんでんばらばらに高い場所を目指して逃げろという「津波てんでんこ」の教えを掲げている。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 乗鞍岳で雪崩、1人死亡 (3/15)

     14日午前10時ごろ、北アルプス乗鞍岳で雪崩が発生し、複数の人が巻き込まれたと長野県松本市の地元消防に通報があった。長野県警によると、5人が巻き込まれ、滋賀県野洲市の自営業戸田尚哉さん(49)の死亡...

  • 地域共生新事業に285自治体 (4/18)

     ひきこもりや貧困といった複合的な課題に自治体が一括して対応できるよう4月から新設された事業に、全国の計285市区町村が乗り出すことが18日、厚生労働省への取材で分かった。介護や障害福祉、困窮者、子ど...

  • ハンセン病家族補償、旧植民地も (4/18)

     国の誤った隔離政策によって、差別に苦しむハンセン病元患者の家族に対する補償法に基づき、戦前の日本統治下で過ごした韓国の元患者の家族約60人が近く、一斉申請に乗り出すことが18日、分かった。台湾の家族...

  • 海自、仏空母と中東で共同訓練 (3/21)

     海上自衛隊は21日、アフリカ東部ソマリア沖アデン湾の海賊対処のため派遣していた護衛艦「ありあけ」が中東海域で、フランス海軍の原子力空母「シャルル・ド・ゴール」や米海軍の艦艇と相次いで戦術訓練をしたと...

  • 北日本と北陸、大しけの恐れ (4/18)

     北日本と北陸では19日にかけても、海上は大しけとなる所がありそうだ。気象庁は18日、週末にかけての荒天のピークは越えたとみられるが、北日本では引き続き、土砂災害や低地の浸水、河川の増水の恐れがあると...