ニュース

妊婦禁忌薬、胎児リスク高めず 吐き気止め「ドンペリドン」

2021/3/10 18:33

 妊婦は使用を避けるべき「禁忌」とされた吐き気止めの薬「ドンペリドン」を服用しても、胎児へのリスクは高まらなかったとの研究結果を、国立成育医療研究センターなどのチームが10日、発表した。1万3千人分を超すデータを解析した結果。同センターの村島温子・妊娠と薬情報センター長は「知らずにこの薬を服用したとしても、安心して妊娠を継続してほしい」と話す。

 ドンペリドンは、日本では一般的な吐き気止めの薬だが、動物実験で胎児に奇形を引き起こす「催奇形性」が示され、妊婦禁忌とされてきた。一方で禁忌薬であると知らずに服用した後、妊娠継続を悩む女性は少なくなかったという。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • コウノトリ、親でなくても子育て (4/15)

     兵庫県豊岡市の県立コウノトリの郷公園は15日、雄の親が死んだ国の特別天然記念物コウノトリのひな3羽を、園で飼育しているコウノトリのペアに預けると、順調に育て始めたと発表した。園は、卵でなくひなを親で...

  • 東京、新たに405人感染 (4/19)

     東京都は19日、新型コロナウイルスの感染者が新たに405人報告されたと明らかにした。直近7日間を平均した1日当たりの人数は600・6人に上昇し、前週比は126・1%。累計は13万488人となった。 ...

  • 高齢者、ワクチン接種1万5千人 (4/18)

     12日から始まった新型コロナワクチンの高齢者接種を受けた人が約1万5千人に上ることが18日、共同通信の調査で分かった。接種数を把握していない自治体も多く、実際はもっと多いとみられる。約3600万人を...

  • 国内4093人感染、16人死亡 (4/18)

     国内で18日、新たに4093人の新型コロナウイルス感染が確認された。4千人を超えるのは5日連続。通常は感染者の報告が比較的少ない日曜日だが、大阪が1220人で過去最多を更新、和歌山も44人で最多に並...

  • 東京、新たに543人感染 (4/18)

     東京都は18日、新型コロナの感染者が新たに543人報告されたと発表した。日曜日で500人以上となるのは1月31日以来。累計は13万人を超え、13万83人となった。直近7日間を平均した1日当たりの人数...