ニュース

薬の税軽減、風邪や花粉症に拡大 厚労省、市販薬の対象見直し

2021/3/10 18:53

 医療費抑制を狙い、市販薬の購入額が年1万2千円を超えると税負担を軽減する「セルフメディケーション税制」を巡り厚生労働省は10日、対象となる医薬品に関し、風邪や花粉症といった一般的に患者が多い症状に対応する市販薬への適用範囲を2022年から広げると決めた。

 この税制は、軽い症状の場合に医療機関を受診せず、市販薬を使うよう促す狙いがある。17年〜21年に限った措置だったが、26年までの延長が決まっていた。

 カルシウム剤や強心薬などは、医療費を抑制する効果が低いことなどを理由に対象から外す方針。厚労省は新しい品目リストが決まり次第、ホームページで公表する予定。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 沖縄、9市にまん延防止措置適用 (4/10)

     沖縄県の玉城デニー知事は10日、記者会見し、沖縄本島の那覇市など9市を、新型コロナウイルスの「まん延防止等重点措置」の適用対象にすると明らかにした。県内全域で不要不急の外出自粛を求め、飲食店などの営...

  • 大阪で最多918人感染 (4/10)

     大阪府は10日、新型コロナウイルスに感染した7人が死亡し、過去最多の918人が感染したと発表した。基礎疾患のない40代男性を含む40〜80代の男女17人が重症となり、重症者向け病床使用率は81・3%...

  • 日医工、2製品を自主回収 (4/10)

     大手ジェネリック医薬品(後発薬)メーカー「日医工」(富山市)は10日までに、アレルギー性鼻炎などの治療薬2製品の自主回収を始めた。同社によると、有効成分の溶け出す速さを調べる試験で規格に適合しない結...

  • 新型コロナ、厚労省が指標公表 (4/10)

     厚生労働省は10日までに、新型コロナウイルスの感染状況を示す指標を公表した。人口10万人当たりの1週間の新規感染者数は、感染拡大を受けた「まん延防止等重点措置」が既に適用された宮城、大阪、兵庫で10...

  • 東京で新たに570人感染 (4/10)

     東京都は10日、新型コロナ感染者が新たに570人報告されたと明らかにした。今年の緊急事態宣言解除後で最多だった7日の555人を上回った。直近7日間を平均した1日当たりの感染者数は458・6人で、前週...