ニュース

ZARA、70%減益に 店舗営業制限響く、ネットは好調

2021/3/10 20:04

 【ロンドン共同】ファッションブランド「ZARA」などを展開するアパレル世界大手インディテックス(スペイン)が10日発表した2021年1月期決算は、純利益が前期比70%減の11億600万ユーロ(約1400億円)だった。新型コロナウイルス流行に伴う店舗営業の制限が響いた。売上高は28%減の204億200万ユーロとなった。

 コロナによる外出規制で巣ごもり消費が拡大したためインターネット販売は好調で、77%増の66億ユーロとなった。今後も大幅な伸びが期待できるとしている。

 世界各地で店舗数の削減を進めており、今年1月末時点で前年同期比9%減の6829店となった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • かんぽに最大1万人出向へ (2/25)

     日本郵政グループが、保険営業に携わる日本郵便の郵便局員らを来年春にかんぽ生命保険へ出向させることが25日分かった。対象は最大1万人規模に上る。2019年に表面化した保険不正販売の再発防止の一環で、営...

  • 中国吉利とボルボが合併 (2/25)

     【北京共同】中国の自動車大手、浙江吉利控股集団は24日、傘下に持つ吉利汽車と、同じくグループのスウェーデンのボルボ・カーを合併させると発表した。車の電動化やインターネットでつながる「コネクテッドカー...

  • 10日人出、6割超で減少 (4/10)

     NTTドコモがまとめた10日午後3時時点の人出は、全国の主要駅や繁華街計95地点のうち、6割を超える60地点で前週3日より減少した。新型コロナウイルス対策で「まん延防止等重点措置」が週明け12日から...

  • 消費者庁相手に訴訟提起へ (4/10)

     殺虫剤「バルサン」などを販売するレック(東京)は10日、宣伝に根拠がなく景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして消費者庁から受けた再発防止命令に対する取り消し訴訟と執行停止を申し立てることを明らかに...

  • 中国、ネット企業へ締め付け強化 (4/10)

     【北京共同】中国の習近平指導部は10日、中国電子商取引(EC)最大手アリババグループに対する巨額の罰金を「公平な競争を促す当然の認定だ」と断じた。調査の目はアリババと並ぶITの巨頭、騰訊控股(テンセ...