ニュース

大震災から10年、被災地で祈り 戦後最悪、2万2千人犠牲

2021/3/11 9:27
 東日本大震災から10年を迎え、仙台市若林区荒浜地区で朝日に手を合わせる人たち=11日午前6時10分

 東日本大震災から10年を迎え、仙台市若林区荒浜地区で朝日に手を合わせる人たち=11日午前6時10分

 戦後最悪の自然災害となった東日本大震災は11日、発生から10年を迎えた。死者、行方不明、震災関連死は計約2万2千人。被害が大きかった岩手、宮城、福島3県の各地では人々が犠牲者を悼んだ。

 岩手県大槌町では、庁舎跡地を町関係者や遺族が訪れ献花。当時、町の防災担当だった平野公三町長は「この深い悲しみはどんなに時が流れても果てることはない」と厳しい表情で話した。

 職員の兄健さん=当時(30)=が今も行方不明の倉堀康さん(37)は「本当に早い10年だった」と振り返る。「二度と同じような犠牲が出ないよう、ここで起きたことを伝えていかないといけない」と誓った。


この記事の写真

  •  東日本大震災から10年、「奇跡の一本松」と防潮堤の上を歩く人たち=11日午前5時50分、岩手県陸前高田市

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 乗鞍岳で雪崩、1人死亡 (3/15)

     14日午前10時ごろ、北アルプス乗鞍岳で雪崩が発生し、複数の人が巻き込まれたと長野県松本市の地元消防に通報があった。長野県警によると、5人が巻き込まれ、滋賀県野洲市の自営業戸田尚哉さん(49)の死亡...

  • 海自、仏空母と中東で共同訓練 (3/21)

     海上自衛隊は21日、アフリカ東部ソマリア沖アデン湾の海賊対処のため派遣していた護衛艦「ありあけ」が中東海域で、フランス海軍の原子力空母「シャルル・ド・ゴール」や米海軍の艦艇と相次いで戦術訓練をしたと...

  • 有資格者立ち会わず工事 (4/17)

     東京都新宿区にあるマンション地下駐車場の消火設備から二酸化炭素(CO2)が放出され、男性作業員4人が死亡した事故で、設備について知識がある消防設備士などの有資格者が現場に立ち会っていなかったことが1...

  • コロナ禍で避難者の把握困難 (4/17)

     新型コロナウイルスの感染拡大から1年以上がたち、依然収束が見通せない中、大阪府の複数の障害者団体と専門家でつくる「障害者にとっての防災課題検討会」がコロナ対応を踏まえた災害時の避難所運営に関する自治...

  • 華原朋美さんへ暴行疑い、男逮捕 (4/16)

     歌手の華原朋美さん(46)の腕をつかんだり、肩を押したりしたとして、警視庁大崎署は16日、暴行の疑いで東京都江東区の自称会社員の男(32)を現行犯逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。光文社による...