ニュース

脱炭素遅れで雇用影響と豊田会長 温室ガスゼロの必要も訴え

2021/3/11 16:35
 オンラインで記者会見する日本自動車工業会の豊田章男会長=11日

 オンラインで記者会見する日本自動車工業会の豊田章男会長=11日

 日本自動車工業会の豊田章男会長(トヨタ自動車社長)は11日、オンラインで定例記者会見を開き、国の電源構成などで脱炭素が遅れれば自動車業界の競争力が衰え「70万〜100万人の雇用に影響が出る」と危機感を示した。産業政策とエネルギー政策の両面で温室効果ガス排出実質ゼロの「カーボンニュートラル」を目指す必要があると訴えた。

 豊田会長は、日本では温室効果ガスの排出が多い火力発電などの比率が高く、こうした発電を利用して造られた自動車の輸出が脱炭素の観点から将来的に厳しくなると指摘。国内自動車生産の約半数の輸出分がなくなれば、15兆円分の貿易黒字も失うと強調した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • かんぽに最大1万人出向へ (2/25)

     日本郵政グループが、保険営業に携わる日本郵便の郵便局員らを来年春にかんぽ生命保険へ出向させることが25日分かった。対象は最大1万人規模に上る。2019年に表面化した保険不正販売の再発防止の一環で、営...

  • 中国吉利とボルボが合併 (2/25)

     【北京共同】中国の自動車大手、浙江吉利控股集団は24日、傘下に持つ吉利汽車と、同じくグループのスウェーデンのボルボ・カーを合併させると発表した。車の電動化やインターネットでつながる「コネクテッドカー...

  • 在籍出向、2倍以上の3061人 (4/17)

     業績悪化で一時的に余剰となった従業員を、人手が必要な別の会社に出向させる「在籍出向」が2020年度は3061人と、新型コロナウイルス感染拡大前の19年度から2倍以上に増えていることが17日、事業者間...

  • 東芝、買収計画の協議見送り (4/17)

     東芝が、19日に開く取締役会で、英投資ファンドのCVCキャピタル・パートナーズからの買収提案について協議を見送ることが17日分かった。CVCが16日夕までに具体的な買収計画を提示しなかったためだ。 ...

  • 半導体のルネサス、生産再開 (4/17)

     半導体大手のルネサスエレクトロニクスは17日、火災のあった那珂工場(茨城県)の生産ラインを再開した。3月19日の火災から1カ月以内とした再開目標を予定通り達成した。今後は火災前の出荷水準に戻すため、...