ニュース

日米首脳が異例の共同メッセージ 震災10年「手携え前進」

2021/3/11 17:37

 政府は11日、東日本大震災から10年に際し、菅義偉首相とバイデン米大統領による共同メッセージを発表した。日米はかけがえのない「トモダチ」として被災者を支援し、東北の復興とより良い未来の実現のため「手を携えて前進していく」としている。

 日本国内の災害を巡り、首相が外国首脳と連名でメッセージを発出するのは極めて異例。

 メッセージは「震災で多くの命が失われ、日本国民に甚大な苦痛と被害をもたらした」として哀悼の意を表明。地震と津波、東京電力福島第1原発事故の後、自衛隊と米軍はただちに捜索救助活動や物資の提供、輸送支援を実施したと指摘した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

政治の最新記事
一覧

  • 二階氏、春の衆院解散に否定的 (4/15)

     自民党の二階俊博幹事長は15日、TBSのCS番組収録で、春の衆院解散に否定的な考えを示した。4月の解散は困難かと問われ「そうだ。菅義偉首相の決断次第だが、今すぐというより少し落ち着いてからが良い」と...

  • 「コロナ対応の裁量拡大を」 (4/15)

     近畿2府4県などでつくる関西広域連合は15日、新型コロナ対応のオンライン会合を開き、現在の緊急事態宣言や「まん延防止等重点措置」の制度では変異株の広がりに対応できないとして、知事の裁量で地域の実情に...

  • 官房長官、IAEA調査「歓迎」 (4/15)

     加藤勝信官房長官は15日の記者会見で、東京電力福島第1原発の処理水の海洋放出処分について「専門家による国際原子力機関(IAEA)からの科学的な調査は歓迎する」と述べた。グロッシIAEA事務局長が専門...

  • 今国会初の憲法審査会を開催 (4/15)

     衆院憲法審査会は15日、今国会初の審査会を開いた。憲法改正手続きを定めた国民投票法の改正案を巡り、3回目となる質疑を実施。会期中の成立を目指す自民、公明両党は「議論は尽くされている」として、重ねて早...

  • 河野氏、五輪無観客の可能性も (4/15)

     河野太郎行政改革担当相は15日のテレビ朝日番組で、新型コロナウイルス禍での今夏の東京五輪・パラリンピックを無観客で開催する可能性に言及した。「開催できるやり方でやる。無観客になるかもしれない。いつも...