ニュース

白鵬、震災「忘れてはいけない」 相撲を通じ復興支援

2021/3/11 18:27

 大相撲で史上最多44度の優勝を誇る横綱白鵬が東日本大震災から10年となった11日、報道陣の電話取材に応じ「早かったなという気がする。決して忘れてはいけないこと」と実感を込めた。この日で36歳となり「自分の誕生日が震災の日というのが、運命というか宿命というのがあった」と語った。

 力士会の会長として復興支援に取り組んだ。岩手県山田町、宮城県気仙沼市、福島県会津若松市には土俵が寄贈された。震災当時の子どもたちが大人になっていることなどに触れ「力士会の東北に対しての気持ちはこの10年間で形になった。今ようやく形になったものから花が咲いている」と振り返った。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

スポーツの最新記事
一覧

  • 宮沢はスプリント予選敗退 (2/25)

     【オーベルストドルフ(ドイツ)共同】ノルディックスキーの世界選手権第2日は25日、ドイツのオーベルストドルフで距離スプリント・クラシカルが行われ、男子(1・5キロ)は29歳で5大会連続代表の宮沢大志...

  • バスケ、宇都宮が45勝目 (4/16)

     バスケットボール男子のBリーグ1部(B1)は16日、富山市総合体育館で1試合が行われ、東地区首位の宇都宮が富山を119―62で下し、45勝9敗とした。

  • 中3―7広(16日) (4/16)

     広島が連敗を3で止めた。同点の三回に鈴木誠の4号3ランで勝ち越すなど打線が13安打7得点と活発だった。救援で2回無失点の大道がプロ初勝利。中村奨が二塁打でプロ初安打を記録した。中日は今季初の4連敗と...

  • 体操、18歳北園丈琉が首位 (4/16)

     体操の東京五輪代表選考会を兼ねた個人総合の全日本選手権第2日は16日、群馬県の高崎アリーナで行われ、男子予選は昨年2位で18歳の北園丈琉が6種目合計87・332点で首位に立ち、三輪哲平が0・734点...

  • D0―7巨(16日) (4/16)

     巨人が5連勝した。三回に岡本和の2点二塁打で先制し、五回に坂本の2号ソロ、六回に梶谷の2点二塁打と岡本和の適時打で3点を加えた。菅野は6安打の完封で今季初勝利を挙げた。DeNAは2年ぶりの7連敗を喫...