ニュース

日本の五輪対応遅れ不安、IOC ワクチン接種や観客問題で

2021/3/12 8:58
 IOC総会第2日の審議後、取材に応じる東京五輪・パラリンピック組織委の武藤敏郎事務総長=11日夜、東京都中央区(代表撮影)

 IOC総会第2日の審議後、取材に応じる東京五輪・パラリンピック組織委の武藤敏郎事務総長=11日夜、東京都中央区(代表撮影)

 【ジュネーブ共同】国際オリンピック委員会(IOC)が11日に開いたオンライン総会で、今夏の東京五輪に向けた新型コロナウイルスのワクチン接種や、海外からの観客受け入れを断念した場合の日本側の対応遅れを不安視する声が上がり、大会組織委員会の武藤敏郎事務総長に質問や意見が相次いだ。

 「2月中旬に東京でワクチン接種が始まったと言っていた。(日本)代表選手が打つのは、いつになるのか」。ガラドアリ委員(ジブチ)は組織委に最新の情報を求めた。武藤氏は「選手については政府から明確なタイムラインの発表はない」と説明。世界から選手を受け入れる開催国の遅れを露呈した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

東京五輪の最新記事
一覧

  • 東京五輪、持続可能性低い (4/20)

     1992年以降のオリンピックで持続可能性がどの程度配慮されたか分析した結果を、スイスなどの国際チームが19日付英科学誌に発表した。環境負荷、社会正義、経済性の3分野で評価し、今夏の東京五輪は規模が大...

  • 聖火、高知の清流四万十川渡る (4/19)

     東京五輪の聖火リレーは19日午後も高知県西部で続き、四万十市では「最後の清流」と呼ばれる四万十川に架かる四万十川橋(赤鉄橋)や佐田沈下橋をランナーがトーチを掲げ、駆け抜けた。 宿毛市では、全国障害者...

  • バレー日本女子「わが道を行く」 (4/19)

     バレーボールの女子日本代表が19日、東京五輪シーズン開幕前の記者会見をオンラインで開き、中田久美監督は「選手の力を十分発揮させられるように環境を整えるとともに、ベンチワークも含めて五輪のシミュレーシ...

  • 札幌の市民マラソン中止 (4/19)

     東京五輪・パラリンピック組織委員会と北海道、札幌市は19日、同市内で実務者会議を開き、5月5日に五輪マラソンテスト大会の一環として行う予定だった市民マラソンを中止すると発表した。新型コロナウイルスの...

  • 射撃男子、吉岡が五輪代表 (4/19)

     ライフル射撃の東京五輪代表最終選考会(25メートル種目)は19日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)で行われ、男子ラピッドファイアピストルで吉岡大(京都府警)が初の五輪代表に...