ニュース

立民、女性アナ擁立へ調整 参院広島再選挙

2021/3/12 12:13

 河井案里前参院議員(47)の当選無効に伴う4月の参院広島選挙区再選挙に、立憲民主党が広島県福山市在住のフリーアナウンサー宮口治子氏(45)を擁立する方向で最終調整していることが12日、分かった。複数の関係者が明らかにした。

 立民は現在、宮口氏を含め2人に候補者を絞り込んでいる。今週末にも会議を開き、決定する方針。元検事の郷原信郎弁護士(66)の擁立を目指していたが折り合いが付かず、候補者選定作業が遅れている。野党統一候補とすることを目指している。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

政治の最新記事
一覧

  • 建設石綿訴訟、5月に上告審判決 (4/19)

     建設現場でアスベスト(石綿)を吸い肺がんや中皮腫などの健康被害を受けた元労働者と遺族が国と建材メーカーに損害賠償を求めた4件の訴訟の上告審で、最高裁第1小法廷(深山卓也裁判長)が判決期日をいずれも5...

  • 具体的措置は「国と協議中」 (4/22)

     東京都の小池百合子知事は22日午前、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言の具体的措置に関し「国と協議中。目下、詰めているところ」と述べた。都庁で報道陣の取材に応じた。 都は21日夜、国に宣...

  • 河井案里前議員に歳費「返還を」 (4/22)

     2019年7月の参院選広島選挙区を巡る公選法違反事件で有罪が確定し、当選が無効となった河井案里前参院議員(47)が受け取った歳費など約4900万円について、広島県の住民らが近く、返還を請求するよう国...

  • 学術会議、6人の即時任命を要求 (4/22)

     日本学術会議は22日、東京都内で2日目となる総会を開き、菅首相による会員候補6人の任命拒否を巡り「即時に任命するよう要求する」とした声明をまとめた。これまで繰り返し6人の任命と詳しい理由の説明を求め...

  • 国民投票法、5月6日採決を提案 (4/22)

     衆院憲法審査会は22日、今国会2回目の審査会を開き、憲法改正手続きに関する国民投票法改正案の質疑を実施した。与党は憲法審に先立つ幹事会で、5月6日に採決する日程を提案。野党は持ち帰った。日本維新の会...