ニュース

ヘイトスピーチ対策「不十分」 弁護士会、関東の自治体調査

2021/3/12 15:34
 2016年6月、ヘイトスピーチ団体のデモ中止を求め、プラカードを掲げる人たち=川崎市

 2016年6月、ヘイトスピーチ団体のデモ中止を求め、プラカードを掲げる人たち=川崎市

 関東弁護士会連合会は12日、2016年に施行されたヘイトスピーチ解消法に基づく取り組み状況について、関東地方の自治体を対象にしたアンケート結果を公表した。「責務を果たそうとする姿勢は見られるが、全体として取り組みは不十分」と結論付けた。

 アンケートは19年3月、同会管内の11都県と、在留外国人が多い自治体など計56市区町に送付。計66の自治体から回答があった。

 うち独自にヘイト対策の条例を制定したのは東京都、世田谷区、群馬県大泉町。川崎市は調査後の20年、全国初の刑事罰を盛り込んだ差別禁止条例を全面施行した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 乗鞍岳で雪崩、1人死亡 (3/15)

     14日午前10時ごろ、北アルプス乗鞍岳で雪崩が発生し、複数の人が巻き込まれたと長野県松本市の地元消防に通報があった。長野県警によると、5人が巻き込まれ、滋賀県野洲市の自営業戸田尚哉さん(49)の死亡...

  • 「署名偽造を目撃」と周囲に話す (4/21)

     愛知県知事のリコール運動を巡る署名偽造事件で、署名を水増しするアルバイトの募集に関わった広告関連会社(名古屋市)の社長が「運動事務局の関係者が署名を偽造する場面を目撃した」と周囲に話していることが2...

  • 海自、仏空母と中東で共同訓練 (3/21)

     海上自衛隊は21日、アフリカ東部ソマリア沖アデン湾の海賊対処のため派遣していた護衛艦「ありあけ」が中東海域で、フランス海軍の原子力空母「シャルル・ド・ゴール」や米海軍の艦艇と相次いで戦術訓練をしたと...

  • 実習中事故、県に賠償命令 (4/20)

     岡山県立高松農業高で2016年、実習中に機械に巻き込まれ指を切断したのは教諭らの過失が原因として、元生徒の男性(22)が県に約1億2660万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で岡山地裁(野上あや裁判長)...

  • 「国家貢献を」と中国側が指示 (4/20)

     宇宙航空研究開発機構(JAXA)など国内約200機関へのサイバー攻撃事件で、中国人民解放軍関係者の女が事件前、捜査対象になっている中国籍の元留学生の男に「国家への貢献」として日本のレンタルサーバー契...