ニュース

電機、500〜千円でせめぎ合い 春闘、ベア交渉終盤

2021/3/12 18:07

 2021年春闘は終盤を迎え、電機大手は12日、賃金水準を底上げするベースアップ(ベア)について、月額500〜千円を軸に労使がせめぎ合いを続けた。20年には1500円を回答した社があり、前年並みへ上積みを目指す労働組合の動きもみられる。業績の違いを背景に妥結額は各社でばらつきそうだ。経営側は17日に回答する。

 電機大手の労働組合はベア要求額を前年の3千円から千円引き下げ、2千円を統一要求している。

 経営側は新型コロナウイルス感染症の先行きが見通せないことなどから、大幅な賃上げには慎重だ。労組側は新型コロナに伴う手当の拡充など働く環境の改善も求めている。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • CVC、東芝買収を事実上撤回か (4/20)

     東芝は20日、英投資ファンドのCVCキャピタル・パートナーズから、買収に関する検討を中断するとの書面を受け取ったと発表した。買収案について具体的な記載はなく、関係者によると、CVCは買収提案を事実上...

  • 東京円、108円台前半 (4/20)

     20日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=108円台前半を中心に取引された。朝方は3月5日以来、約1カ月半ぶりの円高ドル安水準となる、1ドル=107円台を付ける場面もあった。 午後5時現在は前日比1...

  • かんぽに最大1万人出向へ (2/25)

     日本郵政グループが、保険営業に携わる日本郵便の郵便局員らを来年春にかんぽ生命保険へ出向させることが25日分かった。対象は最大1万人規模に上る。2019年に表面化した保険不正販売の再発防止の一環で、営...

  • 日本のサンマ漁獲枠41%減 (4/20)

     水産庁は20日、不漁が深刻化しているサンマの2021年漁期(1〜12月)の漁獲枠を、前期比約41%減の15万5335トンとする方針を公表した。2月に開かれた北太平洋漁業委員会(NPFC)の年次会合で...

  • 為替相場  20日(日本時間18時) (4/20)

    18時現在           1ドル=             108円46銭〜          108円47銭    前日比  −0円25銭   1ユーロ=            130円90銭...