ニュース

十二指腸手術に「細胞シート」 長崎大、4月から治験

2021/3/12 19:00

 長崎大は12日、患者自身の細胞を培養した「細胞シート」を、十二指腸がんの手術に使う世界初の治験を4月から始めると発表した。自身の細胞で組織再生を促し、手術による合併症を防ぐのが狙い。2023年3月までに計6例行う予定で、今後、消化器系に使用可能な細胞シートの製品化を目指す。

 長崎大によると、十二指腸がんの手術では「ESD」と呼ばれる内視鏡と電気メスを使い患部をはがす手法などが用いられる。

 治験の対象は早期の患者で、筋肉細胞を培養して細胞シート(直径2・5センチ、厚さ0・1ミリ)を作製。がん切除後、腹腔鏡手術で十二指腸の外側にシートを貼り付け患部をふさぐ。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • コロナ接触アプリ業者が対価返納 (4/16)

     新型コロナウイルス対策の接触確認アプリ「COCOA(ココア)」の不具合に関し、厚生労働省から保守運用を受託していた業者のパーソルプロセス&テクノロジー社は16日、昨年8月以降の業務対価1200万円を...

  • 95%のやけどでも救命成功 (4/16)

     鳥取大病院は16日、火災によって全身の皮膚の95%に重いやけどを負った50代の男性患者に、患者自身の健常な皮膚から培養して作った表皮などを貼り付け、救命に成功したと発表した。救命救急センターの上田敬...

  • コウノトリ、親でなくても子育て (4/15)

     兵庫県豊岡市の県立コウノトリの郷公園は15日、雄の親が死んだ国の特別天然記念物コウノトリのひな3羽を、園で飼育しているコウノトリのペアに預けると、順調に育て始めたと発表した。園は、卵でなくひなを親で...

  • 6府県、病床使用率が50%以上 (4/16)

     厚生労働省は16日、新型コロナ患者向けの病床使用率(14日午前0時時点)を公表した。大阪、兵庫、奈良、和歌山、徳島、沖縄の6府県が、政府の対策分科会が示すステージ4(爆発的感染拡大)の目安となる使用...

  • 国内で新たに4532人感染 (4/16)

     国内で16日、新たに4532人の新型コロナウイルス感染者が確認された。「まん延防止等重点措置」の適用が決まった埼玉は163人、千葉は155人、神奈川は209人、愛知は224人だった。国内で確認された...