ニュース

給付金、調教助手が虚偽回答 新たに1人不適切受給判明

2021/3/12 19:22

 日本中央競馬会(JRA)の騎手ら少なくとも163人が新型コロナウイルス対策の国の持続化給付金を不適切に受給した問題で、JRAは12日、新たに調教助手1人が不適切に受給していたと明らかにした。当初の調査で「受給していない」と虚偽の回答をしていた。これを受け、JRAと日本調教師会は調査済みの関係者に対し、回答に虚偽がないか確認する。

 JRAによると、この調教助手は滋賀県栗東市のトレーニングセンターで勤務。調査結果の公表は6日だったが、11日になって雇用主の調教師に申し出た。申請には馬主でもある大阪市の男性税理士が関与していた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 乗鞍岳で雪崩、1人死亡 (3/15)

     14日午前10時ごろ、北アルプス乗鞍岳で雪崩が発生し、複数の人が巻き込まれたと長野県松本市の地元消防に通報があった。長野県警によると、5人が巻き込まれ、滋賀県野洲市の自営業戸田尚哉さん(49)の死亡...

  • 小林化工、経営陣が違法製造放置 (4/16)

     福井県あわら市のジェネリック医薬品(後発薬)メーカー「小林化工」が爪水虫などの治療薬に睡眠導入剤成分を混入させた問題で、同社が設置した外部有識者による調査委員会は16日「経営陣が、違法な製造を認識し...

  • 河村市長「勇気出し真相話した」 (4/16)

     愛知県知事のリコール運動を巡る署名偽造事件で、運動事務局の元幹部で15日に同県常滑市議を辞職した山田豪氏(52)が関与を認めたことについて、運動を支援した名古屋市の河村たかし市長は16日、記者団の取...

  • 海自、仏空母と中東で共同訓練 (3/21)

     海上自衛隊は21日、アフリカ東部ソマリア沖アデン湾の海賊対処のため派遣していた護衛艦「ありあけ」が中東海域で、フランス海軍の原子力空母「シャルル・ド・ゴール」や米海軍の艦艇と相次いで戦術訓練をしたと...

  • 安保訴訟で請求退ける、大阪高裁 (4/16)

     集団的自衛権の行使を認めた安全保障関連法は憲法に違反し、平和的生存権を侵害されたとして、近畿地方の住民らが同法に基づく自衛隊の出動差し止めや損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、大阪高裁(山田陽三裁判...