ニュース

男子は法大の鎌田が優勝 学生ハーフマラソン

2021/3/14 15:54
 日本学生ハーフマラソン選手権の男子で優勝した法大・鎌田航生(中央)=東京都立川市

 日本学生ハーフマラソン選手権の男子で優勝した法大・鎌田航生(中央)=東京都立川市

 日本学生ハーフマラソン選手権は14日、東京都の陸上自衛隊立川駐屯地周回コースで行われ、男子は鎌田航生(法大)が1時間3分0秒で優勝した。7秒差の2位に鈴木芽吹(駒大)、さらに1秒差の3位に島崎慎愛(国学院大)が入った。

 女子は小林成美(名城大)が1時間14分36秒で制し、鈴木優花(大東大)がタイム差なしの2位。新型コロナウイルスの影響を受け、今大会は周回コースで観客を入れずに行われた。


この記事の写真

  •  日本学生ハーフマラソン選手権の女子で優勝した名城大・小林成美(手前)=東京都立川市

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

スポーツの最新記事
一覧

  • 宮沢はスプリント予選敗退 (2/25)

     【オーベルストドルフ(ドイツ)共同】ノルディックスキーの世界選手権第2日は25日、ドイツのオーベルストドルフで距離スプリント・クラシカルが行われ、男子(1・5キロ)は29歳で5大会連続代表の宮沢大志...

  • 鎌田大地、1得点1アシスト (4/11)

     【ベルリン共同】サッカーのドイツ1部リーグで10日、アイントラハト・フランクフルトの鎌田大地はホームで行われたウォルフスブルク戦に先発し、1得点1アシストと活躍し、4―3の勝利に貢献した。 0―1の...

  • ヘタフェ久保建、後半序盤で交代 (4/10)

     【バルセロナ共同】サッカーのスペイン1部リーグで10日、ヘタフェの久保建英はホームのカディス戦で2試合ぶりに先発出場したが、ゴールには絡めず0―0の後半6分に交代した。チームは0―1で敗れた。

  • バスケ首位宇都宮が北海道に勝つ (4/10)

     バスケットボール男子のBリーグ1部(B1)は10日、北海きたえーるなどで6試合が行われ、東地区首位の宇都宮は最下位の北海道に90―75で快勝し、42勝9敗とした。川崎は秋田を82―55で退け、36勝...

  • 須崎優衣、1位で初の五輪 (4/10)

     レスリングの東京五輪アジア予選第2日は10日、カザフスタンのアルマトイで女子6階級が行われ、5選手による総当たりの50キロ級で21歳の須崎優衣が4試合を全てテクニカルフォール勝ちして1位通過を決め、...