ニュース

14日待機期間も練習可能 帰国の日本選手、隔離条件

2021/3/15 12:00

 東京五輪・パラリンピックを目指す日本選手が海外遠征から帰国した後の14日間の待機期間に関し、新型コロナの徹底した防疫措置を条件に練習を認めることを国が競技団体に伝えたことが15日、分かった。宿泊施設はフロアを貸し切って外出禁止とし、練習会場は一般の人と動線を分けるなどの隔離を求める。

 JOCとJPCの強化指定選手らが対象。スポーツ庁が示した条件では、最初は個人練習に限定。帰国した翌日を1日目と数え、3日目の検査で陰性が確認されれば帰国した選手同士のトレーニングを認める。日本にいた選手も一緒に練習する場合は合流前に検査を行い、隔離した同じ生活環境を求める。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

スポーツの最新記事
一覧

  • 宮沢はスプリント予選敗退 (2/25)

     【オーベルストドルフ(ドイツ)共同】ノルディックスキーの世界選手権第2日は25日、ドイツのオーベルストドルフで距離スプリント・クラシカルが行われ、男子(1・5キロ)は29歳で5大会連続代表の宮沢大志...

  • コロナ毎日検査「具体的に検討」 (4/16)

     丸川珠代五輪相は16日の閣議後の記者会見で、東京五輪・パラリンピックに参加する選手への新型コロナウイルス検査について、原則として毎日実施する方向で大会組織委員会と協議していることを明らかにした。「安...

  • 空手のパワハラ認定せず (4/16)

     空手の東京五輪組手女子61キロ超級代表の植草歩選手が香川政夫前選手強化委員長からパワハラを受けたと訴えた問題で、全日本空手道連盟がパワハラを認定しなかったことが、16日までに開示された文書で明らかに...

  • 瀬古利彦さん長男の昴さん死去 (4/16)

     陸上男子マラソンで五輪に2度出場した瀬古利彦(せこ・としひこ)さんの長男昴(すばる)さんが13日午後10時37分、悪性リンパ腫の一種、ホジキンリンパ腫のため神奈川県内の病院で死去した。34歳。利彦さ...

  • Xリーグ所属の丸尾ら6人が指名 (4/16)

     カナダのプロフットボールCFLは15日、カナダと米国以外の選手を対象としたグローバルドラフトを開き、日本社会人Xリーグに所属する6人が指名され、アサヒ飲料のLB丸尾玲寿里がウィニペグのチームから1巡...