ニュース

14日待機期間も練習可能 帰国の日本選手、隔離条件

2021/3/15 12:00

 東京五輪・パラリンピックを目指す日本選手が海外遠征から帰国した後の14日間の待機期間に関し、新型コロナの徹底した防疫措置を条件に練習を認めることを国が競技団体に伝えたことが15日、分かった。宿泊施設はフロアを貸し切って外出禁止とし、練習会場は一般の人と動線を分けるなどの隔離を求める。

 JOCとJPCの強化指定選手らが対象。スポーツ庁が示した条件では、最初は個人練習に限定。帰国した翌日を1日目と数え、3日目の検査で陰性が確認されれば帰国した選手同士のトレーニングを認める。日本にいた選手も一緒に練習する場合は合流前に検査を行い、隔離した同じ生活環境を求める。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

東京五輪の最新記事
一覧

  • イモトさん、リレー辞退理由訂正 (4/22)

     鳥取県は22日、県内での東京五輪聖火リレーでランナーを辞退したイモトアヤコさんと森下広一さんが「県外から観客らが訪れることで感染を拡大させる可能性を心配していた」としていた県の当初の説明は誤っていた...

  • 柔道男子の井上監督、五輪へ覚悟 (4/22)

     柔道日本男子の井上康生監督は22日、オンラインで報道陣の取材に応じ、23日で開幕まで3カ月となる東京五輪に向け「時間は待ってくれない。本当にやるべきことを一つ一つ積み上げて、道を歩んでいくしかない」...

  • 七人委員会、東京五輪中止を要望 (4/22)

     平和を訴える有識者でつくる「世界平和アピール七人委員会」は22日までに、新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかかっていないとして「今夏の東京五輪・パラリンピックは開催するべきではない」とのアピール...

  • 警官、聖火リレー後に感染判明 (4/22)

     東京五輪・パラリンピック組織委員会は22日、香川県で17日に行われた五輪の聖火リレーで、交通規制などに従事した香川県警の30代の男性警察官が新型コロナウイルス検査で陽性になったと明らかにした。県警か...

  • 丸山城志郎「もう一回王者に」 (4/22)

     東京都多摩市の国士舘大で強化合宿中の柔道世界選手権(6月・ブダペスト)男子日本代表が22日、オンラインで報道陣の取材に応じ、一昨年の世界王者で2連覇が懸かる66キロ級の丸山城志郎(ミキハウス)は「も...