ニュース

宮城県の被災者、仮暮らし解消 みなし仮設からも全員退去

2021/3/15 17:00
 宮城県庁=2020年10月

 宮城県庁=2020年10月

 宮城県は15日、東日本大震災で被災し、民間物件を行政が借り上げる「みなし仮設住宅」で暮らしていた全ての県民が退去したと発表した。プレハブ仮設住宅は既に解消済み。震災発生から10年を経て、県民全員が仮暮らしを終えた。

 宮城県によると、退去した5世帯7人は盛岡市のみなし仮設に暮らしていたが、2月下旬から3月13日までに同市の災害公営住宅などに移った。ピーク時の2012年4月には、宮城県で被災した3445人が県外のプレハブ仮設やみなし仮設に入居した。

 一方、福島第1原発事故で福島県から宮城県内に避難している9世帯13人が、今もみなし仮設で暮らしている。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 乗鞍岳で雪崩、1人死亡 (3/15)

     14日午前10時ごろ、北アルプス乗鞍岳で雪崩が発生し、複数の人が巻き込まれたと長野県松本市の地元消防に通報があった。長野県警によると、5人が巻き込まれ、滋賀県野洲市の自営業戸田尚哉さん(49)の死亡...

  • 死亡の作業員4人の身元判明 (4/16)

     東京都新宿区にあるマンション地下駐車場の消火設備で二酸化炭素(CO2)が放出された事故で、警視庁捜査1課は16日、死亡した男性作業員4人は東京都内に住む44〜59歳の3人と、住所不詳の27歳と確認し...

  • 熊本、2度目の激震から5年 (4/16)

     熊本、大分両県で災害関連死を含め計276人が犠牲になった熊本地震は16日、2度目の激震「本震」の発生から5年を迎えた。「いち早い復興を」と願う被災者。熊本知事は「誰ひとり取り残さない」と誓った。被害...

  • 逮捕日夕食なし賠償確定、東京 (4/16)

     警視庁に逮捕された当日、夕食の提供がなかったのは違法だとして、男性が東京都に15万円の国家賠償を求めた訴訟で、最高裁第2小法廷(岡村和美裁判長)は都の上告を受理しない決定をした。14日付。「容疑者に...

  • サッカー部員また飲酒か、奈良 (4/16)

     昨年12月の全国高校サッカー選手権に初出場した奈良県立山辺高サッカー部(奈良市・大浦宏明校長)の部員らが今年2月、飲酒と喫煙をした疑いがあることが16日、学校関係者への取材で分かった。同部では昨年1...