ニュース

IT企業の税負担減検討、経産省 海外事業を国際水準に、移転防止

2021/3/15 17:44
 経済産業省=東京都千代田区

 経済産業省=東京都千代田区

 経済産業省が国内IT企業を念頭に、日本に拠点を置いたまま行う海外向け事業の収益に課す税負担を国際水準まで引き下げる検討に着手したことが15日、分かった。立地による税率の違いをなくし、企業が特許やデータなど収益源となる資産を税金の安い国や地域に移すのを防いで国内雇用を維持するのが狙い。ただ、財務省は税負担の引き下げに慎重姿勢で、議論は曲折も予想される。

 新制度は、経済協力開発機構(OECD)を中心に約140カ国が進めている最低税率の協議の決着が前提となる。日本より低い税率になると見込まれており、この最低税率に見合った水準まで負担を下げる案を検討している。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 3月輸出、16・1%増に (4/19)

     財務省が19日発表した貿易統計(速報、通関ベース)によると、3月の輸出は前年同月比16・1%増の7兆3781億円だった。増加は2カ月ぶり。新型コロナウイルスの感染拡大で大きく落ち込んだ前年の反動増に...

  • 東証、123円安 (4/19)

     週明け19日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は午前9時15分現在、前週末終値比123円59銭安の2万9559円78銭となった。

  • 東京株式 19日09時15分  (4/19)

    <225種>          29559円78銭      前日比 −123円59銭  <TOPIX>         1956.16        前日比 −04.71    

  • 為替相場  19日(日本時間 9時) (4/19)

     9時現在           1ドル=             108円73銭〜          108円74銭    前日比  +0円16銭   1ユーロ=            130円12銭...

  • かんぽに最大1万人出向へ (2/25)

     日本郵政グループが、保険営業に携わる日本郵便の郵便局員らを来年春にかんぽ生命保険へ出向させることが25日分かった。対象は最大1万人規模に上る。2019年に表面化した保険不正販売の再発防止の一環で、営...