ニュース

捜査側の証拠、紙でなくデータで 弁護士要望、署名1万3千人超

2021/3/15 20:19

 刑事弁護に使う捜査側の証拠を検察が紙でしか開示しないのは問題として、有志の弁護士らによる「証拠開示のデジタル化を実現する会」が15日までに、データでの提供を求める要望書を河野太郎行政改革担当相らに郵送した。1万3千人以上の賛同署名が集まった。

 供述調書などの証拠は弁護側の主張に欠かせないが、現状は紙の開示のためコピーせざるを得ない。私選弁護人の場合、代金は被告や弁護人が負担する。都市部では通常、検察庁舎内の業者にコピーを依頼する必要があり手間がかかる。実現する会は、弁護側が用意したハードディスクドライブなどの記録媒体でデータを交付する運用を提案している。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 華原朋美さんへ暴行疑い、男逮捕 (4/16)

     歌手の華原朋美さん(46)の腕をつかんだり、肩を押したりしたとして、警視庁大崎署は16日、暴行の疑いで東京都江東区の自称会社員の男(32)を現行犯逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。光文社による...

  • 乗鞍岳で雪崩、1人死亡 (3/15)

     14日午前10時ごろ、北アルプス乗鞍岳で雪崩が発生し、複数の人が巻き込まれたと長野県松本市の地元消防に通報があった。長野県警によると、5人が巻き込まれ、滋賀県野洲市の自営業戸田尚哉さん(49)の死亡...

  • 富士そばの労組委員長、労働審判 (4/16)

     立ち食いそばチェーン「名代富士そば」の運営会社が、従業員らでつくる労働組合の安部茂人委員長と書記長を懲戒解雇したのは不当だとして、安部委員長らが解雇無効を求めて東京地裁に労働審判を申し立てたことが1...

  • 海自、仏空母と中東で共同訓練 (3/21)

     海上自衛隊は21日、アフリカ東部ソマリア沖アデン湾の海賊対処のため派遣していた護衛艦「ありあけ」が中東海域で、フランス海軍の原子力空母「シャルル・ド・ゴール」や米海軍の艦艇と相次いで戦術訓練をしたと...

  • 「火災報知機の取り外しを見た」 (4/16)

     東京都新宿区にあるマンション地下駐車場の消火設備から二酸化炭素(CO2)が放出され、男性作業員4人が死亡した事故で、自力で脱出した30代の男性作業員が警視庁に「天井の火災報知機を一度取り外して戻すの...