ニュース

米の北朝鮮政策、日韓と連携 接触試みるも返事なし

2021/3/16 7:48

 【ワシントン共同】米国のサキ大統領報道官は15日、ホワイトハウスで記者会見し、バイデン政権が複数のチャンネルで北朝鮮との接触を試みていることを認め、「日本や韓国の考えによく耳を傾け、外交を通じて緊張激化のリスクを減らす目標を達成したい」と述べた。日米韓3カ国協議も含めて連携を拡大する考えを示した。

 サキ氏は15日時点で北朝鮮から返事は届いていないと明らかにした上で、日韓からの情報や分析を生かしながら「新しいアプローチ」を見いだしたいとの立場を強調した。米政府で過去に北朝鮮政策に関わった元当局者らにも意見を求めているという。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

国際の最新記事
一覧

  • ニュージーランド沖でM6・9 (3/5)

     【シドニー共同】米地質調査所(USGS)によると、ニュージーランド沖で5日午前2時27分(日本時間4日午後10時27分)ごろ、マグニチュード(M)6・9の地震があった。震源はニュージーランド北島の北...

  • 習近平氏「内政干渉」批判 (4/20)

     【博鰲共同】中国の習近平国家主席は20日、海南省で開かれている「博鰲アジアフォーラム」でビデオ演説し、台湾や香港、新疆ウイグル自治区などの問題での対中批判を念頭に「内政干渉は人々の支持を得られない」...

  • 北朝鮮、中国から輸入一部再開 (4/20)

     【北京共同】新型コロナウイルス対策で昨年1月末から国境を封鎖している北朝鮮が今年3月、中国からの輸入を一部再開したことが中国当局が20日までに発表した統計で確認された。輸入品は主に化学肥料や農薬。食...

  • キューバ、カストロ体制堅持誓う (4/20)

     【ハバナ共同】社会主義国キューバの共産党大会で、最終日の19日に党トップの第1書記に就任したディアスカネル大統領(61)は閉会演説を行い、ラウル・カストロ前第1書記(89)らが1959年に成功させた...

  • ルワンダも仏政府の責任を認定 (4/20)

     【ナイロビ共同】ルワンダで約80万人が死亡したとされる1994年の大虐殺に関し、同国から調査委託を受けた米国の法律事務所は19日までに、当時のフランス政府の「重大な責任」を認定する報告書をまとめた。...