ニュース

「核ごみ拒否」条例成立 北海道寿都町の隣接自治体

2021/3/16 10:44

 原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場選定で、第1段階の文献調査が進む北海道寿都町に隣接する黒松内町の町議会で16日、核のごみの持ち込み拒否を掲げた条例が賛成多数で可決、成立した。調査や処分場建設を受け入れないことも盛り込んだ。

 昨年12月、町議から条例に関する原案が提出されていた。同様の条例は寿都町に隣接する島牧村や、寿都町とは別に文献調査が進む神恵内村隣接の積丹町でも既に成立している。

 黒松内町は、周辺自治体で文献調査が行われた場合に支給される可能性のある国の交付金についても拒否する方針を示している。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 40年超原発避難計画に懸念 (4/19)

     運転開始から40年を超えた関西電力の原発3基を巡り、再稼働の是非を検討している福井県議会は19日、全員協議会を開き、資源エネルギー庁や関電から安全対策などの説明を受けた。議員からは事故時の住民避難計...

  • コウノトリ、親でなくても子育て (4/15)

     兵庫県豊岡市の県立コウノトリの郷公園は15日、雄の親が死んだ国の特別天然記念物コウノトリのひな3羽を、園で飼育しているコウノトリのペアに預けると、順調に育て始めたと発表した。園は、卵でなくひなを親で...

  • アレルギー原因調査に協力を (4/19)

     国立病院機構三重病院(津市)は19日、国内で新型コロナウイルスの予防接種後に女性を中心に重いアレルギーが発生したことを受け、原因究明のため発症した人への聞き取り調査を始めると発表した。同病院の長尾み...

  • 97歳、任命拒否撤回の署名提出 (4/19)

     日本学術会議の任命問題で、気象学者で元会員の増田善信氏(97)が19日、菅義偉首相に任命拒否の撤回を求める約6万1千人分の署名を内閣府に提出した。太平洋戦争中に自身が戦争に協力した反省から、政府から...

  • 東京、新たに405人感染 (4/19)

     東京都は19日、新型コロナウイルスの感染者が新たに405人報告されたと明らかにした。直近7日間を平均した1日当たりの人数は600・6人に上昇し、前週比は126・1%。累計は13万488人となった。 ...