ニュース

弘前さくらまつり開催へ 2年ぶり、会場は禁酒

2021/3/16 16:35

 青森県弘前市は16日、北国に春の訪れを告げる恒例の「弘前さくらまつり」を4月23日〜5月5日に開くと明らかにした。昨年は新型コロナウイルスの影響で中止となったため、開催は2年ぶり。ただし、会場の弘前公園内での飲酒は禁止とし、飲食ができるエリアも制限して、感染リスクを抑える。

 さくらまつりは大型連休に合わせて開かれ、2019年は約289万人が訪れた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

暮らし・話題の最新記事
一覧

  • 家庭の食品ごみ、年5・7億トン (3/4)

     世界各国の家庭から出る食品廃棄物の量は2019年には年間5億7千万トン近くあり、これまでの推計値の約2倍に上るとみられるとの報告書を国連環境計画(UNEP)が4日、発表した。日本の家庭からの食品廃棄...

  • 大分、熊本で30度超え (4/21)

     21日の日本列島は、高気圧に覆われて広い範囲で晴れ、西日本から東日本を中心に各地で気温が上昇した。大分県日田市で30・7度、熊本県菊池市で30・4度、同県山鹿市で30・1度を観測し、全国で今年初めて...

  • 子のゲーム依存の相談、5割増 (3/30)

     新型コロナウイルス感染拡大に伴い政府が昨年実施した休校が明けた後、子どものゲーム依存に関する児童相談所への相談が拡大前に比べ5割増えていたとの調査結果を、大阪府立大の山野則子教授(子ども家庭福祉学)...

  • 小型船舶免許の合格者、25%増 (4/21)

     新型コロナウイルスの感染が拡大した2020年度に、プレジャーボートや水上バイクなどを操縦できる小型船舶免許の合格者が前年度比25・7%増の7万1975人に上ったことが21日、国家試験を実施する日本海...

  • 英語の民間検定活用は「困難」 (4/20)

     大学入試の在り方を検討する文部科学省の有識者会議が20日開かれ、高校の新学習指導要領で学んだ高校生が受ける2025年1月以降の大学入学共通テストで英語の民間検定試験を活用することについて、複数の委員...