ニュース

五輪、宮城で600人近く辞退か 都市ボランティア

2021/3/16 18:39

 東京五輪・パラリンピックで、宮城県が想定した約1700人の都市ボランティアのうち、600人近くが辞退する可能性のあることが16日、県への取材で分かった。新型コロナウイルス感染を懸念していることなどが理由。観光案内などを担当する都市ボランティアで、配置計画の見直しを迫られそうだ。

 県によると、4月9日に始まるボランティア研修に参加を予定している10〜80代の1708人に、メールなどで意向を尋ねたところ、「参加できる」が1122人、「できない」が369人。217人が未回答だった。「参加できない」と回答した5割近くがコロナへの不安を理由に挙げたという。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

東京五輪の最新記事
一覧

  • 聖火、瀬戸大橋のたもとを出発 (4/17)

     東京五輪の聖火リレーは17日、全国12府県目の香川県で始まった。瀬戸大橋のたもとにある宇多津町を出発し丸亀市へ。雨が降る中、ランナーたちは沿道からの声援に手を振り、笑顔で応じながら聖火を運んだ。 丸...

  • 5月17、18日に来日で調整 (4/17)

     国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長の来日が5月17、18両日で調整されていることが分かった。17日に被爆地の広島市で聖火リレー関連の式典に出席し、18日に東京で菅義偉首相らとの会談に臨む予...

  • 体操、18歳北園丈琉が首位 (4/16)

     体操の東京五輪代表選考会を兼ねた個人総合の全日本選手権第2日は16日、群馬県の高崎アリーナで行われ、男子予選は昨年2位で18歳の北園丈琉が6種目合計87・332点で首位に立ち、三輪哲平が0・734点...

  • 阿波おどりで聖火お迎え (4/16)

     東京五輪の聖火リレーは、16日午後も徳島県で実施された。聖火は、巨大なひな壇を設けた勝浦町の人形文化交流館を経て、観光名所の眉山などがある徳島市へ。港から市街地を巡り、最終走者グループは夜、子どもた...

  • 五輪サッカー、グループ分け発表 (4/16)

     【ベルリン共同】国際サッカー連盟(FIFA)は16日、東京五輪の組み合わせ抽選(21日)に用いるグループ分けを発表し、開催国の日本が入る第1グループに男子はブラジル、アルゼンチン、韓国、女子は米国と...