ニュース

7号機再稼働手続き、規制委保留 柏崎刈羽、燃料装填認めず

2021/3/17 12:33
 東京電力柏崎刈羽原発の核物質防護設備の問題を巡って議論する原子力規制委の定例会合=17日午前、東京都港区

 東京電力柏崎刈羽原発の核物質防護設備の問題を巡って議論する原子力規制委の定例会合=17日午前、東京都港区

 原子力規制委員会は17日の定例会合で、東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)の核物質防護設備の侵入検知機能が喪失していた問題を受け、東電が再稼働を目指す7号機の燃料装填に必要な規制委の手続きを当面保留することを決めた。

 規制委は、施設の保全や安全性向上につながる審査や検査の手続きは進めるが、原子炉起動の準備に当たるものは進めないとの方針を確認。柏崎刈羽で航空機衝突などのテロ行為を想定した「特定重大事故等対処施設」や、福島第1原発と第2原発の廃炉に関する手続きは従来通り進めるとした。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 変異株、新たに505人 (4/21)

     厚生労働省は21日、変異した新型コロナウイルスの感染者が、20日までの1週間で新たに505人報告されたと発表した。先週14日の発表では、直近1週間の報告者数は255人で、前週比で約2倍となった。全国...

  • コウノトリ、親でなくても子育て (4/15)

     兵庫県豊岡市の県立コウノトリの郷公園は15日、雄の親が死んだ国の特別天然記念物コウノトリのひな3羽を、園で飼育しているコウノトリのペアに預けると、順調に育て始めたと発表した。園は、卵でなくひなを親で...

  • 世界最高水準の人工光合成に成功 (4/21)

     トヨタ自動車グループの豊田中央研究所(愛知県長久手市)は21日、太陽光を使って水と二酸化炭素(CO2)から有機物のギ酸を生成する「人工光合成」の効率を世界最高水準まで高めることに成功したと発表した。...

  • 国内コロナ感染者数が5千人超え (4/21)

     国内で21日、新たに報告された新型コロナウイルス感染者数が5千人を超えた。感染者数が5千人を超えたのは、1月22日以来。 大阪1242人、奈良112人でそれぞれ最多を更新。その他は東京843人、兵庫...

  • 日医会長「一日も早く宣言を」 (4/21)

     日本医師会の中川俊男会長は21日の記者会見で、大阪府や東京都の新型コロナウイルス感染状況を踏まえ「政府は緊急事態宣言を一日でも早く出してほしい。ちゅうちょしている場合ではない」と訴えた。「これまでの...