ニュース

特殊詐欺で稲川会トップ賠償確定 約1630万円、最高裁

2021/3/17 17:10

 最高裁第3小法廷(宮崎裕子裁判長)は、指定暴力団稲川会系組員らによる特殊詐欺事件の被害者4人が損害賠償を求めた訴訟で、辛炳圭(通称清田次郎)元会長の上告を受理しない決定をした。16日付。暴力団対策法に基づき使用者責任を認め、計約1630万円の支払いを命じた二審東京高裁判決が確定した。

 特殊詐欺事件を巡り暴力団トップの責任を追及した訴訟では、最高裁での賠償命令確定は2例目。

 判決によると、4人は2014年9〜10月、息子を装った電話で「女性を妊娠させてしまった」とうそを言われ、稲川会系組員が所属する詐欺グループに250万〜400万円をだまし取られた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 乗鞍岳で雪崩、1人死亡 (3/15)

     14日午前10時ごろ、北アルプス乗鞍岳で雪崩が発生し、複数の人が巻き込まれたと長野県松本市の地元消防に通報があった。長野県警によると、5人が巻き込まれ、滋賀県野洲市の自営業戸田尚哉さん(49)の死亡...

  • 家族の世話を担う中学生5% (4/12)

     きょうだいや家族の世話をする18歳未満の子ども「ヤングケアラー」の支援に向けた厚生労働省と文部科学省による初の実態調査で、「世話している家族がいる」とした中学生が5・7%(約17人に1人)、高校生が...

  • 海自、仏空母と中東で共同訓練 (3/21)

     海上自衛隊は21日、アフリカ東部ソマリア沖アデン湾の海賊対処のため派遣していた護衛艦「ありあけ」が中東海域で、フランス海軍の原子力空母「シャルル・ド・ゴール」や米海軍の艦艇と相次いで戦術訓練をしたと...

  • まん延防止、飲食店の巡回強化 (4/12)

     新型コロナウイルス対応の「まん延防止等重点措置」が12日、東京、京都、沖縄の3都府県で適用された。対象地域では感染拡大を防止するため、自治体の職員らが飲食店を見回って換気や消毒などの対策をチェックす...

  • やまゆり園でのパラ採火中止を (4/12)

     相模原市が東京パラリンピックの聖火を、2016年7月に入所者ら45人が殺傷された知的障害者施設「津久井やまゆり園」で採取すると発表したことを受け、遺族や被害者家族が市や神奈川県に採火の中止を求めるこ...